2017年6月24日 (土)

消えた森の番人

千歳のホテルが意外に空いてる―――。

6月15日付の本稿でそんなことを書いた。そのときは社台のツアー参加者が激減したんじゃね?みたいなことを書いたけど、もちろん冗談である。ツアーは3日間延べ千人の参加者で大盛況だった。ただし、何人かの顔見知りに聞けば、やはり「今年は千歳のホテルが取りやすかった」という。

実は、千歳には昨年「クイーンズホテル千歳」が新規オープンしたばかり。さらに、既存のANAクラウンプラザややルートインホテルが増室工事を完了した。来年には「JRイン千歳」が、再来年には新千歳空港ターミナルビル国際線ビルの増築エリアにホテルが新規開業の予定。千歳は近年にないホテル開業ラッシュを迎えようとしている。ならばホテルの部屋が取りやすくなってもおかしくはない。

その一方で、肝心の需要に陰りが見えてきた。全道的には外国人訪問客は増えているのに、彼らが千歳泊というルートを組まなくなったという。

そんな話をしてくれたのは、『あじ彩』でたまたま隣り合わせた常連さん。その流れから話題は苫小牧の大型リゾート計画へと進んだ。

Forest 

千歳空港に隣接する苫小牧市植苗地区の広大な山林に、ホテル、レストラン、ショッピングモール、国際会議場、医療施設、そしてカジノを備えた滞在型リゾートを作る話が進んでいる。ターゲットは海外の富裕層。カジノと医療ツーリズムで海外から金持ちを呼ぶのだという。

「いや、ちょっと待ってください。たしか、その計画が持ち上がったのは今から6、7年前。もともとは、手つかずの森林資源をウリに、ホーストレッキングやハイキングを楽しむ施設を作る話だったはずですよね」

私の指摘を待っていたかのように相手は話を続けた。もともとの開発コンセプトは「森林の活用と保全。ひいては林業の復活にもつなげたい」というものだった。その名も『バルト・マイスター・トマコマイ』。日本語では「苫小牧の森の番人」といったところか。私が注目していたのは、もちろんホーストレッキング。その運営に際しては、同市内のノーザンホースパークと事業連携すると聞いていたから。常日頃からノーザンホースパークに宿泊施設があれば良いのに、と感じていた私が喜んだのは言うまでもない。しかも、収益の一部は当地の森林保全に充てられるはずだった。事業主体が地元企業がだからこそ得られる着想であろう。

それがいつの間にか「カジノと先進医療で海外富裕層を呼ぶ」である。いったい何があったのか―――?

そこから先の話は割愛するが、カジノや先進医療にしたところで目論見通りになりっこない、とのこと。それでも施設を作りさえすれば喜ぶ人もいる。問題はそれが東京の人間だということだ。事業主体はいつの間にか東京の大企業に取って変わっていた。こんな話を「森の番人」が聞いたら、きっと怒るだろう。東京の人間にすればちと恥ずかしい。

 

***** 2017/06/24 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

雨馬を探せ

昨日は「曇時々雨」だった日曜の関西地方の予報が、今日になって「雨」に変わった。一大事である。多少の雨ならまだしも、馬場状態を一気に悪化させるような雨であれば、事前の予想は使いものにならない。断然の1番人気キタサンブラックが、よりによって重や不良の経験を持たぬことも混乱に拍車をかける。

慌てて新聞を広げてみた。宝塚記念の11頭の中に、レインボーアンバーやホッカイダイヤのような「雨馬」は隠れていないか。

レインボーアンバーは不良馬場の弥生賞を大差で独走した。ホッカイダイヤも、通算で10勝もしていながら良馬場での勝ちは一度しかない。梅雨どきの競馬では、こうした雨馬たちの出番が増える。

目に留まった一頭はレインボーライン。手綱を取るのは岩田康誠騎手だ。

雨の宝塚記念と聞いて真っ先に思い浮かぶのは2007年。記録では「小雨」とされているが、とんでもない。あの日の阪神は朝から大雨に見舞われていた。

降りしきる雨をものともせず、大外を豪快に突き抜けたのはアドマイヤムーン。梅雨空に向けて左手の人差し指を立てた岩田騎手の姿は、10年経った今も忘れていない。岩田騎手にとってJRA移籍後初のGⅠ勝利。記念すべき一勝だった。

Moon 

レインボーラインの父はステイゴールド。その産駒が総じて道悪に強いことを、いまさら紹介する必要はあるまい。オルフェーヴルのダービーはその真骨頂。ステイゴールド自身、7歳にして初めて掴んだ重賞タイトルはどしゃ降りの目黒記念だった。

さらに目を引くのは母の父・フレンチデピュティ。稍重で行われた2007のエプソムカップを思い出して欲しい。勝ったエイシンデピュティ、2着ブライトトゥモロー、3着サイレントプライド。いずれもフレンチデピュティ産駒である。しかも勝ったエイシンデピュティは、この1年後に重馬場の宝塚記念を制している。

さらにさらに、母の母の父には、なんとレインボーアンバーの名前があるではないか。意図的な配合なのかはさておき、レインボーラインが雨馬に相応しい血統を備えていることは間違いない。これは宝塚記念も貰ったようなもの。ドカンと大勝負に出て、払戻金で社台の1歳募集馬を買ってやろう。雨に笑うのは、何も馬だけに限らないゾ。へっへっへ。

雨に笑う馬がいれば、雨に泣く馬もいる。レインボーアンバーが勝った弥生賞で1番人気に推されて敗れたサクラホクトオーなどは、後者の典型であろう。

「一滴でも雨があたるとダメ。傘をさして走らせたい」

そう言って天を仰いだのは、サクラホクトオーを管理した境勝太郎調教師。馬体を絞るために調教でカッパを馬に着せることはあるが、馬が傘をさした例はさすがに聞いたことがない。ともあれ梅雨どきの競馬は、人も馬も空模様が気になる。

 

***** 2017/06/23 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

グランプリホースの血

宝塚記念の出走枠順が確定した。登録のあった11頭すべてが出走する。

「じゃあ、なんのためのファン投票か?」

そんな声が上がるのも頷ける。なにせ過去20年、宝塚記念がフルゲートで行われたことは二度しかない。「ファンが出走馬を決めるドリームレース」とか言っておきながら、実際には出たい馬が出ているだけ。それではふつうのレースと変わりはない。「出否を迷う有力馬が、ファン投票の得票数に後押しされて出走を決断することもあるはず」。そんなファン投票擁護論も稀に耳にするが、それは競馬にとって、あるいは馬にとって、果たして正しいことなのか。議論は尽きない。

「大阪杯がGⅠに昇格したせいで、宝塚の頭数が減った」

今年はそんな声も聞いた。だが、私はこの主張の根拠が分からない。そもそも宝塚記念といえば少頭数が相場。過去57回の歴史において、12頭以下で行われたことが30回もある。1961年の第2回に至っては、6頭立ての予定が2頭が取り消し、わずか4頭でレースが行われた。

1999年の宝塚記念も12頭立てだった。1番人気は武豊騎手が手綱を取るスペシャルウィーク。AJCC、阪神大賞典、天皇賞(春)と3連勝中である。メンバーが手薄になったここは負けられない―――。

だがしかし、そこは競馬である。正攻法でレースを進めるスペシャルウィークをがっちりマークしたのは、前年の有馬記念の覇者グラスワンダー。4コーナーでスペシャルウィークが早めのスパートに打って出ると、間髪入れずにグラスワンダーも仕掛けた。相手はスペシャルウィークただ一頭。危険な作戦だが、強い相手を倒すにはこの作戦しかない。終わってみれば3馬身差でグラスワンダーの圧勝である。

Grass1 

そんなグラスワンダーの血を引く一頭を、今年の宝塚記念の出走表に見つけることができる。それがスクリーンヒーロー産駒のゴールドアクター。彼自身もまた、一昨年の有馬記念を勝ったグランプリホースだ。

ところで、ステイゴールドの産駒がグランプリ(有馬記念・宝塚記念)に強いことはよく知られている。ドリームジャーニー、オルフェーヴル、ナカヤマフェスタ、そしてゴールドシップ。この4頭で9勝だから凄い。シーズン末期の、少しばかりタフな芝がステイゴールド産駒にフィットするのであろう。それならグランプリ3連覇のグラスワンダーの血にも、そんな素質が備わっていても不思議ではない。

期せずして、今年の宝塚も武豊騎手の一強ムード。18年前にスペシャルウィークを倒したグラスワンダーの血が、突如として覚醒することはないのだろうか。

Grass2_2 

昨秋、種牡馬シンジケートが解散してしまったグラスワンダーは、この春からビッグレッドファームで種牡馬生活を送っている。マイネルの重賞勝ち牝馬とも配合されているのは、期待の高さの表れであろう。息子スクリーンヒーローは受胎率が低く、産駒誕生率が5割に満たない現状も後押しして、今年も50頭を超える交配相手を集めたそうだ。

日曜の関西地方は「曇時々雨」の予報。渋った馬場を気にするようなゴールドアクターではない。祖父の新たな船出を祝う勝利を、仁川から遠く新冠に届けることができるだろうか。

 

***** 2017/06/22 *****

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

脂身賛歌

「身体に悪そう」

「ゴムのような食感が苦手」

「アブラっぽくって胸焼けする」

かように豚の脂身を嫌う人は少なくない。ロースカツやポークソテーを注文しておきながら、脂身だけを残す人もいるほど。そのためお店によっては、わざわざ脂身を切り落としてから調理するところもある。

その一方で、豚肉でもっとも美味しい部位は脂身だと信ずる人もいる。実は私もそのひとり。だが、それはしかるべき調理が為されての話。脂分はしっかりと抜きつつ、それでもゼラチン質は溶け出さないように―――。それがあって初めて脂身は輝くことができる。

その上で、こちらの一皿をご覧いただきたい。

Pork 

むかわのレストラン『プラドジュール・イクタ』の道産豚のグリル。どうです。壮観な眺めでしょう。

先にお断りしておくが、こちらは定番メニューではない。ゆえにいつもあるとは限らない。その日はたまたまあった。んで、それをたまたま頼んだ。そしたら大当たりだった。そういう話である。

ひときわ目を引くのは、ホタテの貝柱のごとき巨大な脂身。その輝く光沢は、豚肉とは思えぬほど美しい。もちろん敢えてこの大きさで提供している。それは「ぜひ脂身を味わって欲しい」という店側の思いの証。アツアツのうちに、できれば最初のひと口目でガブッと行ってしまおう。

官能的な食感。のちに訪れる深い旨味。「脂身の概念が変わった」。脂身が苦手というお客さんは、たいていそう言って驚くらしい。そりゃそうだ。脂身が好きだという私だって驚く。

お店の奥様は「バター代わり」という表現を使った。なるほどパンが進む。だからと言ってアブラっぽいわけでもない。これがグリルの為せる業。トンカツでは、ここまできれいに脂が落ち切らないこともある。

むろん肉本体の方も負けてない。淡いロゼピンクの肉は厚さ3センチはあろうかという重量感。しっかり噛み応えがあるのに、肉質は柔らかでアゴが疲れることもない。ぎゅっと噛み締めると濃厚な肉汁が溢れ出し、旨味が口いっぱいに広がった。

Ikuta 

「こんなお肉を普段から食べているご主人が羨ましい」

つい、そんなことを口走ってしまった。しかしながら、ご主人も奥様もほとんど食べたことがないのだという。味見をするにしても、ほんのひとかけら。それで十分味は分かる。しかもご主人は常に空腹状態でお仕事をなさっているらしい。その方が「美味しくしたい」という欲求が無意識に働くし、いきおい分量も多くなる。だからサラダもご覧のボリューム。お客さんに「足りない」と思われることだけは、絶対に避けたいのだそうだ。

Salad 

かように今回は豚肉に打ちのめされたが、常連さんによれば鶏肉料理も絶品なのだとか。なぜか。実はご主人、焼き鳥屋さんも経験なさっているらしい。ならば鴨などは最高であろう。次に訪れるべきは冬だな、こりゃ。

 

***** 2017/06/21 *****

 

 

| | コメント (2)

2017年6月20日 (火)

果てしない大空と

例年、社台さんの牧場ツアーがハネたあとは、千歳か札幌に一泊することにしているのだけど、今回はそのまま帰京。空港内で土産店を物色して時間を潰し、頃合いを見て手荷物検査所を潜り抜けようと思ったら、搭乗便遅延のアナウンスが聞こえてきた。

45分の遅れだそうである。ならば実際には1時間といったところか。まあ、それはいい。問題は続けてアナウンスされた遅延の原因である。

「カムチャッカ半島における火山噴火の影響で、使用機材の到着が遅れております」

カムチャッカ半島……?

ロシアの噴火が羽田-新千歳間の航路に影響を与えるものなのか?

ともあれ踵を返してターミナル内のレストランへ。ビールを注文して窓際の席に座り、彼方にそびえる樽前山を眺めながらひとしきり考えた。そういえば樽前山も活火山。今は噴火しないで欲しい。

北海道の牧場に通うようになって30年。いつの頃からか、行き帰りの新千歳空港(かつては千歳空港)で樽前山を眺めるのが、私の中での決まり事になった。千歳に降り立って樽前山が見えれば好天が期待できるし、帰途には旅の名残とばかりに目に焼き付けることにしている。千歳から眺める樽前山の姿は、私にとって北海道の象徴のひとつだ。

樽前山の南麓にあたる白老界隈の土壌が酸性なのは、長年の火山活動で降り積もった火山灰が原因。ためにその地のサラブレッド生産者たちは土壌改良に苦労してきた。むろん当時の社台ファーム(現・白老ファーム)とて例外ではいられない。だが、その努力がダイナガリバーを生み、サッカーボーイを生み、そしてオルフェーヴルを生んだ。人はもちろん、そこで生まれ育った馬たちも、日々樽前山を見ていたことだろう。

空港に勤める知人から連絡が入った。

国際便がカムチャッカ上空を迂回するあおりを受けて、北海道上空の航路が混雑して離陸許可が遅れるのだそうだ。それでなくても、最近の千歳上空はLCCや国際便の増加で混雑が激しいとのこと。ふーむ。これだけ広い空のどこが「混む」のかとても理解できないが、ともかくそういうことらしい。

北海道の空は広い。山際が迫る日高と違って、平野部にある社台グループの各牧場では特にそれを感じる。ビル群で空が覆い隠されている都会の人にしてみれば、そこは非日常の極み。彼らが北海道を実感するのは、広大な緑の大地だけでなく、この果てしなく続く青い空であろう。牧場ツアー参加者は馬だけはなく、実は無意識のうちに空も見ている。それが心身に与える効果は計り知れない。

Sky 

牧場ツアーに一度でも参加した人は、年老いて死ぬ間際に牧場の風景を思い出すのだそうだ。今回のツアーではそんな話題も聞こえてきた。多少の唐突感はあったが、それに私は深く頷く。

帰りの便は1時間遅れで離陸。1時間半に及ぶフライトの果てに見えてきた景色は、雨に煙るビル群の明かりである。そこには樽前山のような印象的な山も、果てしなく広がる済んだ空もない。それを見て、大井の馬たちが多少気の毒に思えてきた。たまの放牧くらい理解してあげよう。それは人間にだって必要なものなのだ。

 

***** 2017/06/20 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

一頭でも多く見るために

ゆうべの話。

帰宅して風呂に入ると、両腕がヒリヒリと痛む。なんだと思って見てみれば、手首から肘の中間あたりまでが真っ赤になっているではないか。

Dsc_0136 

ハテ? バレーボールをやった記憶はないゾ……。

となれば答えはただひとつ。日焼け以外あるまい。ありがたいことに、牧場では3日間快晴が続いた。だからといって日焼けごときに文句を言ったらバチが当たる。こんな不自然な焼け方をしたのは、長袖の先を二折りほどめくっていたせいであろう。

「日焼けは身体に負担になる。だから疲労がたまる」

今回ツアーに同行した某社長氏はそう言って、日焼けせぬよう気を配っていた。私はその辺が無頓着だからいけない。クビ周りもしっかり焼けているし、ハナ先も赤い。クビハナなら競馬の話だ。そう笑い飛ばして眠りにつき、朝になって目を覚ましたら全身の疲労感が半端ない。いい加減自分のトシを考えろ―――。体がそう言っているような気がしてならない。

しかし、数年前のツアーではもっと疲れていた。なにせ移動のバスの車中では参加者全員が眠りに落ちていたほど。それを察したスタッフもほとんどマイクを取らなかった。私は一度、展示馬の周回展示中に、立ったまま眠っている参加者を目撃したことがある。むろん疲れるのは牧場側も同じことだから我々もそれなりの覚悟を持って臨んでいたし、一頭たりとも見逃すまいと疲れた身体に鞭打って放牧地を歩き続けた。

だが、最近はどこか違う。追分から苫小牧のホテルへ向かう車中も、二日目の朝も、みんなしっかり目を覚ましていた。

何が違うのか。大きいのは展示頭数。ちょっと前のツアーでは種牡馬を含め、2日間で450~500頭をこなさなければならなかった。ちなみに今年は種牡馬を含めて350頭に満たない。頭数が少なければ移動も少なくて済む。

しかしなぜ展示馬が減ったのか。だって募集頭数自体はむしろ増えているのである。

    2010年 2017年
------------------------
社台RH 70  92
サンデー 76  93
G1TC --  44
社台OC 60  67
地方所属 28  27
------------------------
合計  234 323

タネを明かせば、当時のツアーでは募集1歳馬のみならず、ツアー参加者の出資現役馬も展示されていたから。展示場所が足りずに厩舎脇のちょっとしたスペースにも馬が立っていた光景は、今となっては懐かしい。

Tenji 

だが「募集馬をじっくり見たい」とか、「他人の活躍馬など見たくない」という意見もあって、数年前から出資馬展示は行われなくなった。おかげで時間的なゆとりは生まれたが、空いた時間を募集頭数の増加で埋める牧場側も抜け目がない。ともあれ、最近のツアーはずいぶん楽になった。覚悟と体力を必要としなくなった代わりに、若干とはいえ緊張感が失われた感もある。

それでもまったく歩かなくなったわけではない。前出の社長氏は、ノーザンファームの放牧地を歩きながら「こういうところを馬たちは歩いているんだなぁ」としみじみ語った。遠目には金一に草が生えそろっているように見えても、実際に歩いてみれば地面はデコボコだし、ところどころ土がむき出しになっているし、草の種類もタンポポとかオオバコとかクローバーとか様々。それを自らの足の裏で実感すれば、馬の見え方も違ってくるかもしれない。

クラブのスタッフは「とにかく歩いてください。他人より歩いて、他人より多くの馬を見てください」と力説していた。相馬眼を養うには、とにかく多くの馬を見る以外に道はない。馬選びは体力勝負。そのために健康に注意するのは当然であろう。無駄な日焼けを避けるのも一理ある。

ツアーには作家の吉川良氏がゲストとして同行するのだが、このヒト、2月に80歳になったばかり。夜のパーティーで壇上に上がるときの軽やかなステップや、放牧地をせっせと歩く姿を見ると、とてもそんなトシには見えない。そんな吉川氏から「お、おまえ。なんでそんなに太ったんだ?」と絶句されてしまった。他にも「太りましたね」と指摘する人多数。5キロも太ればそれも仕方ないか。

そんないろんな事情が相重なって、今日からちょっとだけ生活態度を改めることにする。と言っても、目的地のひと駅手前で電車を降りて歩き、うどんの大盛を普通盛に変える程度。さほどの効果もあるまいが、馬を見るにも健康が大事だということを今さら実感した次第。歩けなくなってからでは遅い。

 

***** 2017/06/19 *****

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロン毛

もう帰京していますが、気になったので。

またまたキズナなんですが……、

Kizuna 

タテガミ、めちゃくちゃ長くないですか?

ちなみにこちらは現役時代(ダービー優勝時)のもの。

Kizuna2_2 

なお、今夜から通常更新に戻ります。変わらぬご愛顧を。

 

***** 2017/06/19 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

またね

ユニコーンSで盛り上がって、今年のツアーも終了。最後は恒例、デルタブルースのお見送りです。

1497769586587.jpg

みなさん、お疲れさまでした。

| | コメント (0)

答えは……

キズナでした。

1497766763690.jpg

今年も200頭を越える種付けをこなしたそうです。

| | コメント (0)

ヘン顔の主は?

問題です。こちらは誰でしょう?

1497766534291.jpg

ヒントはダービー馬です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧