2017年6月21日 (水)

脂身賛歌

「身体に悪そう」

「ゴムのような食感が苦手」

「アブラっぽくって胸焼けする」

かように豚の脂身を嫌う人は少なくない。ロースカツやポークソテーを注文しておきながら、脂身だけを残す人もいるほど。そのためお店によっては、わざわざ脂身を切り落としてから調理するところもある。

その一方で、豚肉でもっとも美味しい部位は脂身だと信ずる人もいる。実は私もそのひとり。だが、それはしかるべき調理が為されての話。脂分はしっかりと抜きつつ、それでもゼラチン質は溶け出さないように―――。それがあって初めて脂身は輝くことができる。

その上で、こちらの一皿をご覧いただきたい。

Pork 

むかわのレストラン『プラドジュール・イクタ』の道産豚のグリル。どうです。壮観な眺めでしょう。

先にお断りしておくが、こちらは定番メニューではない。ゆえにいつもあるとは限らない。その日はたまたまあった。んで、それをたまたま頼んだ。そしたら大当たりだった。そういう話である。

ひときわ目を引くのは、ホタテの貝柱のごとき巨大な脂身。その輝く光沢は、豚肉とは思えぬほど美しい。もちろん敢えてこの大きさで提供している。それは「ぜひ脂身を味わって欲しい」という店側の思いの証。アツアツのうちに、できれば最初のひと口目でガブッと行ってしまおう。

官能的な食感。のちに訪れる深い旨味。「脂身の概念が変わった」。脂身が苦手というお客さんは、たいていそう言って驚くらしい。そりゃそうだ。脂身が好きだという私だって驚く。

お店の奥様は「バター代わり」という表現を使った。なるほどパンが進む。だからと言ってアブラっぽいわけでもない。これがグリルの為せる業。トンカツでは、ここまできれいに脂が落ち切らないこともある。

むろん肉本体の方も負けてない。淡いロゼピンクの肉は厚さ3センチはあろうかという重量感。しっかり噛み応えがあるのに、肉質は柔らかでアゴが疲れることもない。ぎゅっと噛み締めると濃厚な肉汁が溢れ出し、旨味が口いっぱいに広がった。

Ikuta 

「こんなお肉を普段から食べているご主人が羨ましい」

つい、そんなことを口走ってしまった。しかしながら、ご主人も奥様もほとんど食べたことがないのだという。味見をするにしても、ほんのひとかけら。それで十分味は分かる。しかもご主人は常に空腹状態でお仕事をなさっているらしい。その方が「美味しくしたい」という欲求が無意識に働くし、いきおい分量も多くなる。だからサラダもご覧のボリューム。お客さんに「足りない」と思われることだけは、絶対に避けたいのだそうだ。

Salad 

かように今回は豚肉に打ちのめされたが、常連さんによれば鶏肉料理も絶品なのだとか。なぜか。実はご主人、焼き鳥屋さんも経験なさっているらしい。ならば鴨などは最高であろう。次に訪れるべきは冬だな、こりゃ。

 

***** 2017/06/21 *****

 

 

| | コメント (2)

2017年6月18日 (日)

今日のハイライト(その2)

お弁当ターイム!

1497766360542.jpg

ただ、今年は白飯の上に載ったイクラの量が減ってました。割り箸がキレイに割れません。ソースとしょうゆの小袋も、恐ろしく取り出しにくかったです。

……なんて文句を言いながら、もちろん完食。さあ、スケジュールもあと少し。頑張りましょう

| | コメント (0)

今日のハイライト

おはようございます。

1497737233871.jpg

ツアー2日目の朝は、ホテルウイングインターナショナル苫小牧の「北寄ごはん」ではじまります。今年も用意していただき、ありがとうございます。

1497737234325.jpg

今日はノーザンファーム。ドナブリーニ、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、マジックストーム、アゼリ……。ツアーのハイライトともいえるシーンが待ち受けていると思えば、楽しみと、そして多少の緊張感の入り雑じる朝食にはなりますが、私にとってはこの「北寄ごはん」こそがハイライト。ゆっくり味わわせていただきます。

さあ、次のハイライトはお昼のお弁当だ。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

チョコパンかと思いきや

おはようございます。

朝食はこちらのチョコパン……


1497649075262.jpg


ではありません。

パンの表面にコーティングされているのは、なんと羊羮。その名も「ようかんツイスト」です。こちらでは珍しくないパンとのこと。

1497649076309.jpg


内側にホイップクリームが挟まれているので、甘いのなんの。面白半分に買ってみましたが、甘いモノ苦手な私にはちょっと厳しいです。なら買うなよ、って話ですが、このネーミングについ……(笑)

むかわは朝から青空。これから千歳です。

| | コメント (2)

2017年6月15日 (木)

空室アリ

うどんを「主食」と言い切れるほど食べているつもりはないのだけど、うどんがなさそうなお店に行ってメニューにうどんを見つけるとついつい頼んでしまう。

Udon 

こちらは千歳の居酒屋『あじ彩』の稲庭うどん。てっきり温かい一杯かと思ったら、聞けば麺もダシも冷たい“ひやひや”らしい。正直に言えば温かいのが食べたかった。なにせ一歩外に出れば真冬並みの寒さである。

実は諸事情此有りで、明日の予定を早めて急遽千歳にやって来た。千歳市街は早仕舞いのお店が少ないくないが、こちらは遅くまで営業してくれているので助かる。先月来たばかりだというのに、またお邪魔してしまった。

いや、もっと助かったことがある。それは千歳のホテルに空室があったこと。

近年、道内に蔓延る慢性的なホテル不足からすれば、当日飛び込みの空室など期待できまい。どうしたものかと思案しつつ、いざ千歳に降り立ってみれば気温13度。しかも雨が降っているではないか。この寒さの中で野宿は避けたい。ならば数少ないツテを頼って……

―――そんな不安はあっさり消え去った。なんと、どのホテルも空いていのである。しかもフロントで聞けば、明日の金曜も空室があるというではないか。それを聞いてさらに驚いた。

この週末は社台グループ各牧場の1歳募集馬見学ツアーが予定されている。金曜の日帰りツアーと土日の1泊ツアーを合わせれば、参加人数は、延べ千人近くに達しよう。その前後で合わせて北海道旅行を楽しもうという会員さんもいるから、例年千歳界隈のホテル確保は困難を極める。ために私は誰も知らないであろう鵡川の小さな小さなホテルで、金曜の夜を過ごすのが毎年の決まりになっている。

しかし事情は変わりつつあるらしい。ひょっとしてツアー参加者が極端に減ったのか。社台ファームがオーナーランキング3位に転落して久しい。その体たらくに見切りをつけた会員たちが、こぞってキャロットに走ったとしても不思議ではないように思える。

今はホテルに戻ってこのテキストを打っている。窓を見る限り、雨は上がったようだ。

明日は浦河まで行って当歳を見て、静内に戻って種馬を見て、新冠の牧場に立ち寄りつつ、門別でまた当歳を見ることになっている。

道中のスケジュールは分刻み。先方に時間を伝えてあるから遅れるわけにはいかない。できることなら浦河のうどん専門店に立ち寄ってみたいのだが、ちょっと難しそうだ。昼飯はセイコーマートのおにぎりにするしかあるまい。ただ誤解のないように書き添えておくと、もちろんセイコーマートのおにぎりは美味い。

美味いといえば、『あじ彩』の冷たい稲庭うどんの美味さを書くのを忘れるところだった。ちょっと甘めで気品漂う透明なダシに、滑らかな麺。その痛快な喉越しは、冷やしてこそ得られるのであろう。敢えて言うなら、蒸し暑い東京でこれを食べたかった。

そんなわけで明日からしばらく忙しくなります。ブログの更新についても、ショートバージョンを適宜更新という形になりますので、なにとぞご了承ください。

| | コメント (4)

2017年6月13日 (火)

若鮎の如く

今宵は銀座某所で社台会員さんらとの酒席。

Catalog 

送られてきたばかりのカタログを広げつつ、狙いを定めた1歳馬と、そしてデビューを控えた期待の2歳馬の話題で盛り上がった。6月はもっともクラブライフが充実する季節ではあるまいか。若鮎の如くしなやかで、美しく、生命力にあふれた2歳馬たちのレースぶりが今から楽しみでならない。

6月は鮎の季節ともされている。

だが、実際に食べて美味いのはある程度成長した7月、8月の鮎であろう。真夏の取れたてを塩焼きにし、ハラワタの部分からガブりとやるのが美味い。鮎の季節を6月とするのは、釣り師の季節感が多分に反映されてやしないか。ともあれ、今宵の宴席でも焼き物は鮎と聞いていたのだが、私の一存で変更してもらった。

かつての私は鮎の塩焼きそのものを美味いと思っていなかったフシがある。背肉はソコソコ美味いが、川魚としては山女魚や岩魚とさほど変わらない。特に美味とされる内臓もスカスカで、苦いばかり。なぜこの味が絶賛されるのか、皆目見当がつかなかった。

だが、ある年の夏。普段なら訪れないであろう競馬オフシーズンの京都に、たまたま出向く機会を得た。その折、嵐山の奥にある一軒でついにその味を知るに至ったのである。

ワタが美味いというのはこのことか。それはまごうことなき脂の旨さであり、むしろくどさを懸念するほど。ところが、フルーツを思わせる爽やかな香りと軽快な苦みとが、そんな懸念を一笑に付してくれる。なんとも胸のすく味わいであった。私はこれを知らずに生きてきたのかと、愕然とした思い出がある。

一年魚である鮎は成長も早く、ために食欲もすこぶる旺盛である。であるから、水揚げされた鮎は、たとえ生簀で活かされていたとしても、たちまち内臓が痩せ、味が落ちるのだそうだ。すなわち東京で美味い鮎を味わおうとすること自体に、そもそも無理があるのだという。

ちなみに、10年ほど前まで「若鮎賞」という名のレースが行われていたことを覚えておいでだろうか。5月東京の3歳500万特別。通常は植物の名前が冠されるはずの3歳特別戦に、魚の名前が用いられるのは珍しい。JRAのレース名全体を通しても、魚の名前が使われていたのは若鮎賞くらいではなかろうか。「初鰹賞」とか「秋刀魚特別」なら季節感も伴ってよろしかろうと思うのだが、ついぞ見かけたことはない。

Wakaayu 

東京競馬場の脇を流れる多摩川でも、近年では鮎が復活して話題となっている。「若鮎賞」というレース名はなぜ消滅してしまったのか。その経緯は知らないのだが、こちらの鮎の復活はないのだろうか。エアスマップやダイヤモンドビコーといった若鮎たちが、夏から秋への飛躍のきっかけにしていった思い出深いレースなのである。

 

***** 2017/06/13 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

ウインズ後楽園最寄の一軒

東京開催も2週を残すのみ。それが終われば関東からJRA開催か消える。その間、こちらの黄色いビルのお世話になるという向きも多かろう。

Wins 

実は前から気になる店があった。外堀通りを挟んで黄色いビルの向かいに建つ黒いビル。その一階に中華料理店らしき看板が見えるのだが、なかなか訪れるチャンスがない。なにせ平日は近所のサラリーマンやOLで大行列。土曜は土曜でウインズ利用客が、やはり列を為している。ところが日曜はガラガラ。やった!とばかりに横断歩道を渡ってみれば、なんのことはない、定休日であった。

ともあれ、この日はたまたま空いているようだったので、意を決して入店。お店の名前は『鐘楼』という。刀削麺と四川料理がウリらしい。

Jonroh 

オーソドックスに刀削麺と餃子をオーダー。

「刀削麺」について今さら説明の必要はあるまいが、念のために記載しておく。むろんトウショウ牧場とはいかなる関係もない……と思う。たぶん。

Tosho 

練った小麦粉の塊を板の上に載せ、右手に持った包丁でリズミカルに細く削る。削り出された小麦粉は「麺」となって宙を舞い、煮えたぎる茹で釜に向かって一直線。待つこと3~4分。茹で上がった麺に、麻辣、挽き肉、香菜を添え、スープをかければ出来上がり。見た目通りにソコソコ辛い。

Men 

麺は長さ約30センチ、幅約1センチ。特筆すべきはその厚さで、削り口は薄く、真ん中あたりが若干厚めになっている。それが微妙な食感の差となり、食べるものを飽きさせない。

Gyoza 

ひと呼吸おいて、鉄鍋に載った餃子が到着。じゅうじゅうと音をたてて油が跳ねている。当然熱い。しかし、これは熱いうちに食えという店側のメッセージであろうから、口の中が辛くなっていることなどおかまいなしに、アツアツの餃子を放り込んだ―――。

あ、あっちぃーっ!!

味は、味は……、よくわかりません(笑)

ま、サイドオーダーをするなら、餃子よりはご飯にすべきだったかもしれない。白飯はもちろん、「週替わりご飯」というメニューもあるんだそうだ。この辺は次回に向けての反省点であろう。

後楽園の敷地内の店舗を除けば、おそらくこの『鐘楼』さんがウインズにもっとも近い飲食店に違いない。そういう意味ではクリアできて良かった。来月になれば後楽園を訪れる機会も増える。見知らぬ店を次々と踏破していきたい。

 

***** 2017/06/12 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

侮れぬ立ち食いそば

黒くてぶっとい田舎そばにネギと豚肉をどっさり載せて、ラー油入りの辛いツユで食べさせるというスタイルの立ち食いそば屋が流行る一方で、昔ながらの立ち食いそば屋も捨てたものではない。うどんばかり食べているようで、実はコッソリ立ち食いそば屋巡りをしていたりする。

立ち食いそば屋の良さは店の人と話さなくて済むこと。客同士も並んで立ち、目線を合わせることすら潔しとしない。カウンター主体という店のつくりのせいもあるが、なにより客同士や店員との間に暗黙の了解がある。実際、私は立ち食いそば屋で一度として個人的な会話を交わした経験はない。個人的に難しい問題を抱えている時、競馬の予想に行き詰った時、ブログに書くネタがまったく思い浮かばない時……。そんな時の昼メシは立ち食いそばに限る。

さて、ここからは昨日の話である。

所用のついでに飯田橋『豊しま』を訪れた。その店構えは、まさしく「ザ・立ち食い」といった風情。なにせカウンターを前にして立てば、背中はほぼ公道である。そんなこちらの名物はコチラの「厚肉そば」。

Toshima 

見た目のインパクトにビビッてはいけない。あらん限りの力を振り絞って肉を頬張り、そばを啜る。もちろん美味い。美味いのだが、必要以上に味わっている暇はない。極力早く食べ終え、サッと店を出るのが立ち食いの掟だ。

すっかり「肉腹」になったところで、腹ごなしに外堀通りを水道橋まで歩く。ひと駅分の距離だが、歩いても10分とかからない。やがて黄色いビルが左手に見えてくる。その1階部分はオフト後楽園。実は昨日は道営競馬のダービー・北海優駿が行われる日。門別には行けぬなら、せめて馬券だけでも仕込んでおこう。

―――そう思って、わざわざ歩いてきたのに、なんと北海優駿の馬券は発売していないという。

いや、私だってバカではないので、オフト後楽園で門別の場外発売をしていることくらいは確認してきた。だが、よくよく聞けば発売対象レースは3~5レースのみらしい。ちなみに北海優駿は12レースである。

なんじゃそりゃ?

今日は天下のダービーデーではないか。それなのに、ダービーではなく1着賞金20万円の下級条件戦を熱心に売って、いったいどうしようというのか?

全国各地のダービーは、昨年までの「ダービー・ウィーク」から「ダービー・シリーズ」と装いも新たに強化が図られた。ジャパンダートダービーを頂点とするコンセプトの明確化と、ファンへの認知度アップがその目的だという。なのに、門別の馬券を売っている窓口で北海優駿の馬券を売ってない。それのどこが強化か。おかげで買うつもりもなかった浦和の馬券でムダ金を溶かす羽目に。それでイライラしていたら無性に腹が減ってきた。なんだか井之頭五郎さんみたいだな。

そこで水道橋のガードをくぐって歩くこと5分。『とんがらし』で2杯目の立ち食いそばを啜る。

Tongarashi 

「揚げたててんぷら」をウリにする立ち食いそば屋は数あれど、実際には油から揚げて温めておいたものがほとんど。そんな中にあって、こちらはリアルな揚げたてが味わえる数少ない一軒だ。てんぷらはすぐには口を付けられないほど熱々。だが、そこには揚げ置きでは味わえない、本当の美味さがある。立ち食いそばのポテンシャルを再認識したおかげで、北海優駿の馬券が買えなかった怒りはどこかに消えた。あとは狙っていたスカイロックゲートが来ないことを祈るのみだったが……。

 

***** 2017/06/02 *****

 

 

| | コメント (2)

2017年5月24日 (水)

じゃがいも三昧

ホテルウイングインターナショナル千歳内のレストラン『ゆめぜん ぽてと』には、「ぽてとのポテトフライ」という一風変わった名前のメニューがある。

Potato1_2 

ご覧の通り、その正体はごく普通の皮付きのポテトフライ。使用するのは甘みの強い北海道産のキタアカリで、包丁ではなく手で割ってから揚げるらしい。そのひと手間で味が変わるそうだ。言われてみれば、たしかに食感が違う。「カリッと感が増している」と書けば近いだろうか。

さて、ホテルを出て数分。地元住民に愛され続ける居酒屋『あじ彩』が暖簾を掲げていた。

新千歳空港内に勤める友人に連れてきてもらったのは、もう20年も前の話。当時は安くて美味いのに空いてるだけの(?)、単なる穴場的一軒だった。だが、ミシュランガイド北海道版にビブグルマンで紹介されてからというもの、状況は一変。いまや、わざわざ道外から訪れる客もいる人気店である。まあ、私もその一人ではあるのだけど、それでもクオリティが大きく落ちなかったことは、せめてもの救いであろう。

店の看板メニューは、新鮮な真ツブや、白老牛のサイコロ焼きなのだが、私のお気に入りは当然コチラ。

Potato2 

「じゃが芋の乱れ揚げ」は、一口大に切ったジャガイモの素揚げに過ぎないのに、なぜかこれがことのほか美味い。その大きさに秘密があるのか、塩加減が絶妙なのか、あるいは店主が特別な訓練を施したジャガイモなのか、その辺りは謎のままだが、地元客のほとんどが注文しているところを見れば、私一人が美味い美味いと騒いでいるわけではあるまい。ジャガイモの素の味がストレートに伝わってくる逸品。ミシュランが目を付けるのも頷ける。

Menu 

帰途に新千歳空港の土産店「カルビープラス」をチラッと覗いてみたら、ポテトチップスの袋はひとつとして置かれてなかった。昨年の水害の影響で、ポテトチップス用のジャガイモは供給不足が続いている。そんな状況下でポテトフライを思う存分味わえる幸せを噛み締めたい。

そんなわけで、羽田に降り立つや大井競馬場に直行。脇目もふらずにLウイング1F『東京ロテサリー』に向かい、ポテトを注文した。

この店ではトッピングソースを選べるシステムになっているのだが、私はそれを断ることにしている。ケチャップさえ必要としない。チキンから滴り落ちた脂をたっぷりまとったジャガイモをひと口頬張れば、口の中で旨味と甘味が激しくせめぎ合う。この店のジャガイモとて、いた品薄になるか分からぬ。そう思うと、余計に美味い。

Potato3 

ところで、冒頭の「ぽてとのポテトフライ」を、同じ系列ホテルのウイング苫小牧でも出してもらえないだろうか。来月はそちらに泊まることが、既に決まっている。一流のフレンチより、一皿のポテトフライの方が私にはずっと嬉しいのだが……。

 

***** 2017/05/24 *****

 

 

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

夏は冷やして

今日の東京は夏日。だが明日以降はさらに暑さが増すらしい。まだ5月。とはいえ馬主エリアも例年より1か月早く、今月からクールビズ期間に突入した。細かい条件はあるが、原則としてノーネクタイ&ノージャケットでも入場が認められる。だがしかし、日本ダービー当日だけは話は別。ダービーの格式にクールビズはそぐわない。

ともあれ暑くなれば冷たい麺が恋しくなるのは日本人の性(さが)であろう。最近の流行は、キリっと冷えた太打ちの日本そばを、たっぷりのネギや牛肉と一緒に辣油を聞かせたツユで食べるスタイルだ。これを最初に広めたのは、虎の門の『港屋』。昨年、その支店が大手町にオープンした。その名も『港屋2』。話題のホテル「星のや東京」の1階部分にある。

だがこの店、きっと初めての客は戸惑うに違いない。なにせ店の入口からしてどこにあるのかは謎に包まれている。それをここで説明してしまうと面白味が半減してしまうから、敢えて書かない。メニューは「冷たい肉そば」(1000円)のみ。しかも店では千円札しか使えない。高級ホテル内にありながら本店と同じ立ち食いスタイル。なお、店には冷水の準備がないので、ペットボトル入りのお茶やお水を持参することをおススメする。

Minatoya 

東京競馬場スタンド2Fにオープンしたばかりの『KASUYA(かすや)』でも、さっそく冷やしメニューが始まった。

まずはふつうの「冷やしうどん」(500円)。

Hiya1 

ツユは「かすうどん」のものとは違って、しょうゆベースの関東風。そのツユも麺もキンキンに冷えているのが特徴と言えば特徴だが、味は想像の域を超えるものではない。

続いて「冷やし肉盛りそば」(700円)。

Hiya2 

こちらは冷たい昆布ベースのダシに冷たいそば。そこにお肉が投入されているから、どうしても脂肪分が固まってツユに浮いてしまう。そんな見た目を別にすれば、じゅうぶんに美味い。しかしやはり麺とツユの冷えっぷりが半端ない。奥歯がキーンと痛む。食べ終えるなり近くの給茶機へと走り、珍しく温かい緑茶を飲んだ。

そんなこともあって、今度は「肉盛りかすそば」(900円)。

Nikumori 

こちらは冷やしメニューではない。レギュラーの温かいメニュー。しかし、そこはさすがレギュラー。思わずうなるほどの安定感がある。お肉にせよカスにせよ温かい方が旨味が増すもお。夏本場に向け“冷やし”に相応しいメニューを探したい。

 

***** 2017/05/19 *****

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧