« ローズSの前日に | トップページ | 甦る血 »

2023年9月17日 (日)

3冠に待ったをかけるのは

4年ぶりにローズSが阪神に帰ってきた。春の2冠の1~3着馬は不在だが、そのぶん下級条件を強い競馬で勝ち上がってきた素質馬が例年にも増して揃った感がある。絶対女王の3冠を阻止するような能力の片鱗を17頭の中に見出したい。

揃ったスタートから先手を奪ったのはユリーシャ。春はエルフィンSを逃げ切った実績を持つ。しかしそのペースが早過ぎた。1000m通過は57秒2。昨日のケフェウスSもそうだった。4年ぶりの阪神でみんなペース感覚が狂ってるのかもしれない。

4コーナーを回ると先行馬たちは次々と失速。代わりに馬場の真ん中から一頭が突き抜けてきた。黄、黒縦縞の勝負服。2番人気のソーダズリングかと思ったら違う。7番人気のマスクトディーヴァの方。先頭に立つのが早過ぎのような気もするが、後ろから追い掛けてくる姿もない。結果、後続とは1馬身半差だが着差以上の完勝だった。勝ち時計1分43秒0は、コースレコードをコンマ9秒、日本レコードをコンマ8秒も更新する大レコード。最後は流す余裕を見せていたが、しっかり追っていたら未踏の42秒台が出ていたかもしれない。

Mask

それにしても、いつの間にマスクトディーヴァはこんなにも強くなったのだろうか。

なにを隠そう、この馬のキャリア3戦すべてを私は競馬場で観ているのである。デビュー戦となった1月15日の中京の芝は重馬場。多くの馬が道悪に苦労する中、6番人気ながら4角7番手から大外を豪快に突き抜けて圧勝した。

Simba

自身が記録した上がり34秒4はメンバー中唯一の34秒台。同じ日に同じ芝2000mを勝ったシャザーンの勝ち時計も、上りタイムも上回っていた。それ観た私はマスクトディーヴァを「ものすごく道悪適性の高い馬」と決めつけてしまったのである。父がルーラーシップのせいもあろう。ともあれ今日の阪神の馬場はまず合わぬだろうとバッサリ切った。「よく知っている」が思わぬ落とし穴になることもある。こうなると明日のシャザーンが気になって仕方ない。なにせ手綱を取るのは、ローズSを勝ったばかりの岩田望来騎手である。

ともあれこれで私はマスクトディーヴァのキャリア4戦をすべて観たことになった。驚愕のレコードで溢れるスピード能力を裏付けたかと思えば、道悪をものともしないパワーも兼ね備えている。そんな彼女ならリバティアイランドにも勝てるかもしれない。ギアを入れてからグッと重心が下がった瞬間、イクイノックスやドウデュースの走りが垣間見えた気がした。カギは京都の内回りをこなせるかどうか。全部観ているからと言って必ずその馬の馬券を買うのは間違い。全部観ているからこそ切る判断もできる。たまたま今日はそれが裏目に出ただけの話。そう割り切らなければ毎週のように競馬場に通うなんてできっこない。

 

 

***** 2023/9/17 *****

 

 

|

« ローズSの前日に | トップページ | 甦る血 »

競馬」カテゴリの記事