« エルムの思い出 | トップページ | 平安のハンデキャッパー »

2022年8月 2日 (火)

カレーうどんの日

今日8月2日は「カレーうどんの日」。皆さん、知ってました?

制定されたのは2010年。カレーうどんが日本の食卓に浸透してから100年となる節目だのこの年に、「カレーうどん100年革新プロジェクト」によって制定された。8月2日が選ばれたのは、かつて6月2日が「横浜・カレー記念日」であったことに加え、7月2日が「うどんの日」であることから、その流れで決まったらしい。おかげでとてつもなく暑い季節にカレーうどんを食べに行く羽目になった。来年あたりから冬場に変えてもらえんだろか。

こちらは梅田に暖簾を掲げる「今雪」のカレーうどん。

大阪でも屈指の讃岐の名店と呼ばれる店で、カレーうどんを注文するのは「もったいない」と考えるタチである。麺の香りもダシの味もすべてカレーに持って行かれてしまう。シンプルに「かけ」で味わいたい。そんな気持ちをグッと抑え、勇気を出してメニューの隅にある「カレーうどん」を注文。分かりにくい喩えで恐縮だが、サンデーサラブレッドクラブ募集のどの馬でも選べる立場にありながら、わざわざ社台スタリオンの種牡馬を避けて、よその種牡馬の産駒を選択する感覚に似やしないかーーー。う~む、やっぱ分かりにくいな。

ともあれカレーうどん。

Ima_20220802221201

今雪のカレーうどんは辛くはない。その代わりダシの風味が際立つ。カレー好きの方はモノ足りなさを感じるかもしれないが、うどん好きなら受け入れられよう。ランチには特製玉子かけご飯が付いてくる。それだけで食べても美味いのだが、カレーうどんの場合に限って食べ方を変えよう。カレーうどんを食べる途中で玉子を投入して味変。さらに、うどんを食べ終えたら残ったスープに白飯を投入するのである。まあ、カレーうどんとしてはオーソドックスな食べ方だけど、やはりこれがいちばん美味い。いつもの鶏天だってカレーに浸せばまるで違う一品になる。

結局はカレーうどんも正解なのである。「カレーうどんの日」以外でも注文する勇気を持とう。そも、ここまでうどんが美味ければ、カレーのレベルが相当高くも驚かない。社台&サンデーのラインナップからバゴやブライアンズタイムを選ぶことで巡り合える名馬がいるのも事実。つまりは根底にあるのは牧場のチカラなのである。カレーうどんと一緒にするな!と叱られそうだけど。

 

 

***** 2022/8/2 *****

 

 

|

« エルムの思い出 | トップページ | 平安のハンデキャッパー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エルムの思い出 | トップページ | 平安のハンデキャッパー »