« はじめての和歌山 | トップページ | 貧乏性 »

2022年7月23日 (土)

マグロ! 二夜連続

紀伊勝浦は最近でこそ熊野古道や那智の滝といった世界遺産で知られるが、その前は「マグロの街」で知られていた。今でも生マグロの水揚げ量は日本一。駅前の小さな商店街にはマグロを出すお店が軒を連ねている。私自身マグロは嫌いではないから、勢い三度の食事はマグロばかりになる。

Maguro1

注文したお造りは生マグロだった。この街で出されるマグロは生が基本らしい。厚く切られたそのもちもちとした食感は官能的ですらある。

Mujin 

驚くことにマグロの無人販売も行われていた。ラインナップは刺身、タタキ、煮付け、フライと幅広い。客が自ら好きなものを取って店頭の料金箱にお金を投入するシステム。煮付けとフライを買って晩酌のアテにすることに。

Nitsuke

紀伊勝浦も二夜目、今夜は「竹原」というお店を訪れた。地元の常連と思しき男性客がカウンターに座ってテレビの相撲中継を観ている。

Maguro2

刺身と竜田揚げも捨てがたいが、こちらは内臓料理が売りらしい。目玉の煮付け、胃袋の酢みそ和え、心臓の塩焼き。どれも美味しいらしいが、おススメは「尾びれ」だという。それで頼んでみた。湯がいた尾びれの酢の物仕立てである。ゼラチン質の独特の食感はほかに喩えようがない。しかるのちに紛れもないマグロの味が口の中に広がった。

Obire

聞けば、マグロの内臓は漁船でマグロを冷凍する際に捨てられてしまうので、流通することはないらしい。それじゃ、どうやって手に入れるのか。答えは漁師の常連客に特別に頼み込むとのこと。その代わりその漁師さんは安く飲めるというわけ。そう思えば、相撲中継を観ているこのオジさんも漁師のような手をしている。この味は実際に来てみなければ分からない。

Kanban_20220723210801 

ところで今日は土用の丑の日。一般的にはマグロではなくウナギを食べる日である。実は丑の日に食べるものとしては、ウナギでなくても「う」の付くものなら何でも良いらしい。なら「ウドン」でも良かろう。しかし、街中歩いて「マグロうどん」を探したが、残念ながら見つからなかった。看板はあったんですけどね。残念ながらお店は営業していなかった。なので、コンビニで「どん兵衛」を購入。ホテルでお湯を注いで、昨日購入したマグロの煮付けの残りを入れてみた。

Udon_20220723210801

立派な「マグロうどん」が完成。西日本の「どん兵衛」のだしは東日本と違って昆布ベースの薄味だからマグロの味は合うはず。期待に胸を膨らませて一口すする。うん、美味い。でも思ったより、魚の味が強くなった。どことなく魚の味が被っている感じがする。

E

あれ?おかしいな。マグロなのにカツオの味がするゾ。

まさかと思い外装を確認したら、「(E)」の表記があるではないか。つまり東日本向け(カツオだし)の証。とはいえここは西日本の和歌山である。なぜ? ひとしきり考えたが答えは出ない。でも昨日入ったお店では手羽先がメニューにあった。ひょっとしたら物流的には名古屋圏なのかもしれない。こういうのも実際に来てみなければ分からないことのひとつだ。

 

 

***** 2022/7/23 *****

 

 

 

|

« はじめての和歌山 | トップページ | 貧乏性 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめての和歌山 | トップページ | 貧乏性 »