« 桜花賞馬の復活 | トップページ | 大河への道 »

2022年5月14日 (土)

ピンかパー

京王杯スプリングカップはメイケイエールが1番人気に応えて優勝。重賞5勝目をマークした。雨の影響が心配されたが、蓋を開けてみれば馬場は「良」。勝ち時計1分20秒2なら例年と変わらない。明日のヴィクトリアマイルも速い時計の決着になりそうだ。

馬上で立ち上がらんばかり手綱を引っ張る騎手と頭を上げて嫌がる馬。両者の攻防は見応えがあるほどだったし、早目に先頭に立たざるを得ない展開にも「いつつかまるか?」とヒヤヒヤしたが、それでも勝ってしまうのだからメイケイエールの能力の高さは疑いようがない。しかし勝利騎手インタビューに応じた池添騎手の歯切れは悪かった。先々を見据えての1400m挑戦だったはず。勝つには勝ったが、悩みの種はむしろ増したと思われる。優先出走権を獲得した安田記念というわけにはいくまい。陣営の判断が気になる。

明日のヴィクトリアマイルで人気を集めるソダシもそうだが、シラユキヒメの一族は気性に難を抱える子が多い。そういう意味ではメイケイエールも毛色を除いて一族の血をちゃんと引いている。ファンの人気が高いのもこの一族の特徴。パドックにはメイケイエール目当てのファンが陣取り、厩舎には全国のファンから手紙やお守りが届くという。

Stlap

ところで私のスマホにはメイケイエールのストラップが付いている。去年、東京競馬場内のガチャガチャで出てきたやつ。エフフォーリア狙いの娘から「はずれ」として渡された。とはいえ、今となっては「当たり」ではあるまいか。ただ、たった3回目のチャレンジで見事エフフォーリアを引き当てた娘の運の強さには逆立ちしても叶わない。

このストラップを観て「メイケイエールがお好きなんですね」と言われる機会が増えてきた気がする。メイケイエール自体の認知度が上がっている証拠であろう。GⅠ未勝利でここまで人気になる馬は久しぶり。ツインターボ、ナイスネイチャ、ホワイトストーン。かつてはGⅠを勝っていなくても、GⅠ馬と遜色ない人気を誇る実力馬がたくさんいた。ホクトヘリオスなんかも好きだったなぁ。

ちなみに私自身はメイケイエールの馬券で儲けたという記憶はない。今日の京王杯の勝利を含めて、これで通算成績は(6,0,0,5)。こういうピンかパーというタイプは嫌いではないが、馬券での付き合いが正直苦手。でも、そこが人気を集める理由でもあろう。

 

 

***** 2022/5/14 *****

 

 

|

« 桜花賞馬の復活 | トップページ | 大河への道 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜花賞馬の復活 | トップページ | 大河への道 »