« 地上の星 | トップページ | 安田伊左衛門生誕150周年 »

2022年5月23日 (月)

名古屋・東京うどん紀行

先週土曜のこと。平安Sの中京に向かう前に一軒のうどん店に立ち寄った。

名古屋駅から地下鉄で1駅。太閤口から歩いても12~3分の中村区役所駅前に暖簾を掲げる、その名も「かとう」。加藤和宏元騎手がシリウスシンボリでダービーを勝ったのは37年前だったか。朝11時開店で、私が到着したのは11時12分だが、すでに店内は満席。店外には5人が列をなしていた。

驚くべきはその5人全員が女性だったことだ。2人組、2人組、そしておひとりさま。いずれも女性。ちなみに私の後ろに並んだ1人も女性である。店内に通されても客のほとんどは女性であった。ひょっとしたらインスタ映えするうどんなのかもしれない。変にカラフルだったりしたらどうしよう……。

ドキドキしながら運ばれてきた生醤油うどんは、インスタ映えにはほど遠いシンプルな見た目の一杯であった。

Kato

にゅるにゅるながらモチモチの麺はまごうことなき手打ちで、噛めばビヨーンと伸びる粘りとコシも申し分ない。「一福」に似ていなくもないが、「一福」より太いだろうか。この麺は美味い。生醤油にしたのは正解であろう。30分待って3分で完食。店の外に出ると10人以上が大行列を為していた。やはり女性の割合が高い。

今日は諸事情あって都内の内幸町へ。内幸町駅からほど近い「はし田たい吉」の暖簾をくぐる。橋田満元調教師がアドマイヤベガで日本ダービーを勝ったのは23年前のこと。「博多うどん」を謳うが、こちらの麺はいわゆる博多のフワヤワではない。写真は冷やかけだが、ツルリとした痛快なのど越しはむしろ稲庭のそれを思わせる。しかし黄金色に透き通ったダシは博多の美味さそのまま。最後の一滴までごくごくと飲み干せる。

Hashida

内幸町はうどん屋探しに困らない。店を出て1分も歩かぬうちに、讃岐うどん「「甚三(じんざ)」の看板が見えてきた。大門の人気店がここにも暖簾を掲げている。サッと入って、店員さんにサッと食券を渡し、指定さた席にサッと座ると、目の前にサッとうどんが運ばれてきた。これをサッとすすって店を出る。この間2分もかかってはいまい。これが讃岐のだいご味。うどん屋めぐりも、徐々にコロナ前に戻りつつある。

Jinza

 

 

***** 2022/5/23 *****

 

 

 

|

« 地上の星 | トップページ | 安田伊左衛門生誕150周年 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地上の星 | トップページ | 安田伊左衛門生誕150周年 »