« 阪堺沿線ぶらり旅 | トップページ | 165回の重み »

2022年4月30日 (土)

馬場を見極めろ

天皇賞の前日に行われるのは天王山S。ダート1200mのオープン特別では天皇賞の参考にはなるまいが、明日に勢いをつける意味でも馬券は当てておきたい。

昨日の雨で馬場は稍重。その割には緩めの流れを好位馬群の中できっちり折り合った坂井瑠星騎手のデュアリストが、逃げ粘るオーロラテソーロをゴール前でキッチリ捉えてクビ差をつけて優勝した。勝ち時計は1分10秒5。

11r_20220430183301

2歳時には兵庫ジュニアグランプリを勝った経歴の持ち主で、その後もしばらく1400~1600mを使われたが思うような結果が出ていなかった。そこから6ハロン路線に変更してからは5戦して(2,0,0,3)の成績。大敗もあるが古馬オープン2勝の事実は見逃せまい。やはり1200mが合うのだろう。思えば母デュアルストーリーも現役時代は全4勝をすべて1200mで挙げた快速馬だった。

2月から続いた12週連続24日間開催も、ついに明日1日を残すのみ。関係者のみならず馬券を買うファンにしても気になるのは芝の状態であろう。昨日の雨で今日の芝コースは稍重でスタート。以後芝のレースの連対馬番をレース順に並べてみると、このようになる。

3(①人気)⇒5(⑤人気)
7(④人気)⇒3(⑦人気)
7(②人気)⇒3(⑤人気)
2(③人気)⇒7(⑦人気)
2(⑤人気)⇒7(⑫人気)

という具合にやたらと7号馬が走る一日だったわけだが、ともあれ内枠が不利ということはなかったように見える。

大阪杯の頃は馬場の内側は芝が剥げてあちこちで土がむき出しになっているのが見て取れたが、その後は週を追うごとに芝が生え揃い、青さも増した。毎週同じ席から定点観測しているので分かる。この季節、野芝の成長は速い。思えば昨年の天皇賞もゴール前こそ内外に広がったが、道中で内側を避けようとする人馬はなかった。

Turf_20220430184101

ただ、明日は午前中を中心に雨予報が出ている。ひと雨で馬場が変わってしまうことは珍しくない。人気馬が極端な枠を引いてしまったおかげで、発走直前まで馬場の見極めに悩まされそうだ。

 

 

***** 2022/4/30 *****

 

 

|

« 阪堺沿線ぶらり旅 | トップページ | 165回の重み »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪堺沿線ぶらり旅 | トップページ | 165回の重み »