« 夏と秋のはざまに | トップページ | 神様の記憶 »

2021年9月 9日 (木)

頭を下げてばかりの日

9月に入ってずっと忙しい。朝7時に仕事場に着いて、途中のコンビニで買ったおにぎりを食べ、そのまま夜8時、9時まで働き通し。しかもその仕事内容が謝罪ばかりというのだから救いがない。

今日もそうだった。朝食はファミマのおにぎり2個。それを腹に入れてから昨日の件についての報告書を書き、それが終わると今日の謝罪行脚が始まる。相手がまだ来てない場合もあるが、待ち構えている場合もある。どちらも面倒臭い。いなきゃいないであらためて行かなきゃいけませんからね。後者の説明は不要であろう。そのうちに新しい情報が東京から届く。それを受けてまたイチから説明に回ることに。情報に振り回されて午後に予定していた会合はすべてキャンセル。今度はその相手に謝らなければならない。えーと、この相手はどっちを謝るんだっけ?―――なんてことになる。

私が悪いことをしたわけでもないし、ミスを犯したわけでもない。やらかしたのは東京。私は単なる大阪の窓口である。とはいえ怒っている相手にそんなことを言ったところで余計に怒るだけ。だから言わない。今日も昼メシを食べ損ねて、ため息を付きながら帰宅すると時計は夜10時を回っていた。

大阪に来てからずっとこんな調子。それにも慣れたつもりだったが、昨日今日は本当にロクなことが無い。心は既に折れた。普段なら美味いものを食べて酒を飲んで憂さを晴らすところだが、それもできない。緊急事態宣言は継続が決定。大阪府の新規感染者は相変わらず千人を超えている。巨人は1週間以上勝ちが無い。ようやくありつけた夕食のサラダに箸を付けた瞬間、箸が真っ二つに折れた。なんて日だ!

Hashi

そんな調子だから、スマホにメールが届いていることにすぐに気づかなかった。

差出人はこのブログでもお馴染みの釧路馬主。文面には「おめでとうございます」とある。

???

ああっ!💡

昨日の大井4Rに社台オーナーズにかかる所有馬が出走することをすっかり忘れていた。どうやらそれが勝ったらしい。慌ててネットで確認するとホントに勝っていた。9番人気で馬連万馬券を演出している。むろん馬券は買ってない。だが、ここは勝ったことを素直に喜ぼう。

ちろん期待していなかったわけではない。デビュー以来3戦して、4着、4着、5着。地方の番組編成からして「そろそろ順番」とは思っていた。馬主である以上、愛馬のレースは―――ナマで観れないのは仕方ないにせよ―――常に気に掛けているべき。いくら仕事が忙しかったとはいえ私は失格である。お詫びに次走は現地応援することを心に決めた。馬は勝ったご褒美にちょっと遅い夏休み入る。リフレッシュが完了した頃には、コロナの状況も改善していると信じたい。先々の楽しみは暗闇の彼方に光る希望の灯だ。コロナ対策にも同じことが言えよう。なんだかんだで馬に助けられてばかりの人生。頭を下げてばかりの一日だったが、馬には本当に頭が上がらない。

 

 

***** 2021/9/9 *****

 

 

|

« 夏と秋のはざまに | トップページ | 神様の記憶 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏と秋のはざまに | トップページ | 神様の記憶 »