« 緊急事態宣言下のGW日記④ | トップページ | 緊急事態宣言下のGW日記⑥ »

2021年5月 3日 (月)

緊急事態宣言下のGW日記⑤

例によって近所の喫茶店でスポーツ新聞を読みながらコーヒーをすすっていたら、おもわず「えっ?」と声に出してしまった。今日と明日の佐賀競馬が中止になったという。その理由が新型コロナだというのだから穏やかではない。

厩舎関係者から陽性者が1人出たことは、土曜のうちに発表になっていた。ただ、そのリリースには「濃厚接触者はいない」と書いてあったはず。それが翌日に2人増えて3人になったとあっては、中止の判断もやむを得まい。こりゃあ関係者全員PCR検査だな、と思っていたら、今日の夕方になって新しいリリースが出た。厩舎関係者を対象にPCR検査を行い、さらに2人の陽性が判明したという。これで都合5人。さらに濃厚接触者への調査は続くだろうが、このルートからはもうこれ以上は増えないでほしい。

今日は高知に行く予定をしていたことは前にも書いた。実は私、高知競馬の重賞レースを観たことがないのである。なんでも今日は重賞の福永洋一記念が行われるらしい。ならばぜひ行きたい。そう思った。

福永洋一記念は迎えて12回目。例年なら福永洋一・祐一の父子の来場で盛り上がるレースだが、昨年に続いて父子の来場は見送られた。つくづく新型コロナが恨めしい。福永祐一騎手は昨日の天皇賞を制したばかり。父子2代の春天ジョッキー来場となれば、競馬場は多いに盛り上がったに違いない。

ともあれ私も高知入りは見送ることにした。ファンや関係者の注目度は、福永騎手に及ぶべくもないが、コロナリスクという観点ではさほど変わりはあるまい。

Katsuo

高知へ行く代わりに近所のスーパーで鰹のタタキを買ってきて、それを食べながらネットで福永洋一記念のレースを観ることに。さらに昨日買ったばかりのフライパンでインスタントラーメンを作って、丼に移すことなくフライパンから直接食べた。つまり高知名物「鍋焼きラーメン」。ま、そもそもウチにはラーメン丼というモノが無いんですけどね。ラーメンというより焼きそばに近いモノが出来上がってしまったが、それでも高知の雰囲気は少しは味わうことができた気がする。

Ramen

パソコンの画面を凝視しながらずるずるとラーメンを啜る。穴党の夢を打ち砕くスペルマロンの強さには脱帽するばかり。やはり、いつかはこの目で見ておきたい。

 

 

***** 2021/5/3 *****

 

 

|

« 緊急事態宣言下のGW日記④ | トップページ | 緊急事態宣言下のGW日記⑥ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急事態宣言下のGW日記④ | トップページ | 緊急事態宣言下のGW日記⑥ »