« スイッチコース | トップページ | 天智天皇ゆかりの地で »

2021年5月13日 (木)

競馬場でワクチンを

昨日の朝のこと、仕事場に着くなり部下から「セールスフォースが死んだ」と聞かされた。

セールスフォースと言えば大井所属の競走馬。たしかカネヒキリの産駒で、条件ばかりとはいえ10勝くらいしていたはず。そうか、死んでしまったのか。それで「事故? それとも病気?」と聞いたら、「病気?」と聞き返されてしまった。そりゃあ、病死ってことだってあるでしょうよ。んで、あらためてよくよく聞いたら、この話だった。

Salesforce

思わず「なんだ、紛らわしい」と言ったら、そんなことを思うのは私だけらしい。いまどきクラウドサービスの Salesforce を知らない人なんていませんよ。口には出さないが、そういう顔をされた。実際それは正しいのであろう。その証拠に全国紙でも一面トップで扱っている。その記事によれば、世界中の企業や行政機関などで利用されていて、日本でも厚生労働省の新型コロナワクチンの管理システムや自治体の予約システムなどで不具合が出るなどの影響が出たという。ふーん。そうなんですか。それで話題は新型コロナの話へと流れる。

今月30日から大井競馬場がワクチンの集団接種会場として利用開始されることになった。具体的には4号スタンド5階。つまりダイヤモンドターンの上階にあるゴンドラ席フロアが会場として使われる。非出走の馬主席としても使われていたから私にとっても馴染み深いエリア。建物自体が独立棟で、フロアにはふんだんに椅子も設置されており、むろんトイレも完備。細長いフロア構造なども接種業務に向いているかもしれない。ほかにも南関東では浦和競馬場も接種会場に使われるそうだ。一方でJRAの競馬場からはそういった話は聞こえてこない。

競馬場でのワクチン集団接種の先鞭をつけたのは英国である。今年の1月にはエプソム競馬場がワクチン接種会場となった。オフシーズンだったこともあろうが、さすが競馬だけでなくワクチン接種でも世界をリードせんとするお国柄。おかげで今では国民の約半数が1回目の接種を終えて、市民はマスクなしで外出を楽しんでいる。

大井競馬場も今は無観客開催が続いているのでスタンドや駐車場の利用に支障はなかろう。このあと有観客再開が実現した場合でも、4号スタンド5階は接種会場としてそのまま継続使用するという。

そこでふと思った。残念ながら無観客開催が継続された場合、一般の競馬ファンが観ることができないナマのレースを、接種対象者は観ることになる。接種を受ける人が競馬ファンならちょっとラッキー。接種を待つ間、あるいは接種後の経過観察の合い間にも、スマホで馬券を買ってゴンドラ席からのレース観戦を楽しむ―――そんなことが可能かもしれない。

 

 

***** 2021/5/13 *****

 

 

|

« スイッチコース | トップページ | 天智天皇ゆかりの地で »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スイッチコース | トップページ | 天智天皇ゆかりの地で »