« 22年ぶりの姫路で | トップページ | 縦縞の逆襲 »

2021年2月 9日 (火)

異端の誘導馬

東京競馬場で誘導馬として活躍しているサクセスブロッケンが、今月のフェブラリーSを最後に誘導馬を引退すると発表があった。

「まだ引退には早いだろう」と思ったら、なんと明けて16歳になったという。やれやれ、齢五十を過ぎると時の経過が早くて仕方ない。ディープスカイのダービーはひと昔前の出来事になった。

2008年の日本ダービーでサクセスブロッケンがしんがり負けを喫したことは語り草だ。もともと右前に不安を抱えていたため、デビューからダートばかりを使われてきた。それで4戦4勝。しかもすべてがワンサイドの圧勝である。加えて父・シンボリクリスエス、母の父・サンデーサイレンスとくれば、芝2400mがダメとも言い切れぬ。結果私も彼の馬券にどーんと突っ込んだ。いま思えば、それが致命傷になった可能性はある。

001_20210209190701

ともあれ、競走馬引退後に彼は東京競馬場で誘導馬となった。GⅠ馬としては異例の転身と言っていい。実際、リトレーニングは簡単ではなかったようだ。それでも2013年、かつて自身が優勝したフェブラリーSの誘導を任されると、昨年はついに日本ダービーの誘導という大役をつかみ取る。新型コロナウイルスの感染拡大により無観客のダービーとなったという運の後押しもあった。「人間万事塞翁が馬」の故事は人間だけに当てはまるものではない。かつてしんがりの屈辱を味わった舞台で、先頭に立って歩く姿は気のせいか誇らしげに見えた。

002_20210209190701

彼の仕事は誘導だけにとどまらない。自らのフェイズブックを開設して競馬の魅力を発信したかと思えば、「宣伝部長」としてスポーツ新聞各社を回って名刺を配り、馬術大会に出場して馬術振興にも寄与し、さらに2015年には京王線・府中競馬場正門前駅の一日駅長も務めた。競馬界に貢献した名馬は数あれど、ことファンの近さという視点に立てばナンバーワンの存在ではなかったか。

003_20210209190701

ウマの16歳は人間なら64歳前後。サラリーマンの定年に近いと思えば、そろそろ隠居のタイミングか。このあとは鹿児島のホーストラストで余生を過ごす予定とのこと。「お疲れさま」と送り出したい。

 

 

***** 2021/2/9 *****

 

 

 

 

|

« 22年ぶりの姫路で | トップページ | 縦縞の逆襲 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 22年ぶりの姫路で | トップページ | 縦縞の逆襲 »