« 馬事公苑とエリザベス女王杯 | トップページ | 22年ぶりの姫路で »

2020年12月27日 (日)

牝馬が強過ぎる時代に

2020年のJRA競馬開催も今日が千秋楽。コロナ禍の中、よくぞ有馬記念まで開催を続けてくれたものと感慨に浸りつつ、初めて梅田のWINSを訪れてみた。年の瀬だというのに大阪の街は閑散としている。WINSもどうせガラガラだろう。

Wins

―――と思ったら、WINSがある一角だけ灰色のオヤジどもで埋め尽くされているではないか。やれやれ。いずこも同じ有馬の光景ですな。それでも皆きちんと体温測定機の前を通り、アルコールで手を消毒しているのだから競馬ファンは偉い。

Baken_20201227181001

今年の1年間の総決算だから馬券はクロノジェネシスの単と牝馬5頭のBOXでよかろう。そんな浅知恵で買ったとて当たるときは当たる。それが馬券だ。自慢する気にもならない。

有馬記念での牝馬のワンツーは初めてだという。とにかく今年は牝馬が強かった。10年以上前から同じことを言ってるような気もするが、今年はひどい。牝馬が強いというより牡馬が弱すぎるのではないか。牝馬を相手にGⅠを勝った牡馬はフィエールマンただ一頭。その天皇賞(春)にしても出走していた牝馬はメロディーレーンだけだから威張れたものではない。実際、天皇賞(秋)ではアーモンドアイに、そして今日の有馬記念ではクロノジェネシスに完敗だった。JRA賞・最優秀古馬牡馬への票の行方が気になるが、ほかにいないのだからフィエールマンで仕方ない。

今日の有馬記念を圧勝したクロノジェネシスに対しては逆の興味が沸く。グランプリ連勝に加え、京都記念1着、大阪杯2着、天皇賞3着。世が世なら年度代表馬だって狙えた。しかし、おそらく最優秀古馬牝馬のタイトルすら無理であろう。アーモンドアイの存在がある以上、こればかりは仕方ない。仮にアーモンドアイがいなくてもグランアレグリアという強敵がいる。フィエールマンが牡馬だという理由でタイトルを取り、クロノジェネシスが牝馬ゆえにタイトルを逃すことになるのかもしれない。牝馬が強過ぎる時代も困りものだ。

そんなクロノジェネシスだが、じつは彼女が好走するパターンは決まっているのをご存じだろうか。彼女はこれまで重賞を4勝しているが、秋華賞が20キロ増、宝塚記念で10キロ増といずれもプラス体重で勝ってきた。逆にマイナス体重もしくは変動なしだった場合は重賞で6戦全敗である。今日、彼女の馬体重がプラス10キロと発表された時点で、私は馬券的中を確信した。

Crono

ところで、冒頭に訪れたWINSがいつもの渋谷や後楽園ではなく梅田だったのはワケがある。実はしばらく大阪で暮らすことになった。強いオンナの時代に軟弱オトコの独り暮らし。こうなりゃ家族も何もない。競馬三昧の毎日を過ごしてやれ。

―――と思ったのもつかの間、なんと1月は関西地区でJRA開催がないというではないか。そんなことあるのか。ひどい話だ。

もういい。ならば園田にすべてを捧げよう!

―――と天に誓ったら、なんと園田も正月開催を最後に4月まで開催がないらしい。「もう競馬場には行くな」ということか。こうなったらWINS梅田を私のホームグラウンドとするまでだ。

それでは皆様、よいお年を。来るべき年が平穏であることを切に願います。

 

 

***** 2020/12/27 *****

 

 

 

 

 

 

|

« 馬事公苑とエリザベス女王杯 | トップページ | 22年ぶりの姫路で »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬事公苑とエリザベス女王杯 | トップページ | 22年ぶりの姫路で »