« だるま堂@天神橋筋商店街 | トップページ | 牝馬が強過ぎる時代に »

2020年11月15日 (日)

馬事公苑とエリザベス女王杯

今日は大方の競馬ファンにとってはエリザベス女王杯が行われる日であるわけだが、全日本障害馬術選手権の決勝もあり、我が家ではパソコンで馬術のライブ配信を観戦しながら、TVで競馬を観るという一日を過ごした。老眼の目には疲れる。

Bajikouen

馬術の方は元競走馬が簡単に活躍できるようなレベルの大会ではない(昨日1頭だけ出ていたけど)が、それよりも気になるのは東京五輪を見据えて改修された馬事公苑の変貌ぶりである。かつて小さな売店があったあたりには競馬場と見まごうばかりの巨大なスタンドが威容を誇り、両翼にも小高いスタンドがそびえている。馬と桜を眺めながら、のんびり缶ビールを飲んだあの「公園」の面影はない。

そういえばあの売店にはグリーンチャンネルを流し続けるTVがあったよなぁ。パソコンの小さな画面を覗き込みながら、急にそんなことを思い出したりする。たしかそこでリンデンリリーのエリザベス女王杯を観た。もう29年も前の話だ。

そのエリザベス女王杯で1番人気に推されながら5着に敗れたのがイソノルーブルと松永幹夫騎手。その松永騎手も調教師となり、管理するラッキーライラックでエリザベス女王杯連覇の偉業を果たした。29年の歳月を思う。馬事公苑が変貌してしまうのも、なんだか仕方がない気がしてくる。(※写真はオークスのパドック)

Lucky

今日の全日本障害馬術選手権の模様は、20(土)の午後にNHK(Eテレ)で録画放映されることが決まっている。馬術に興味がなくても、新装なった馬事公苑の様子が気になるという方はご覧になってみてはいかがだろうか。

 

 

***** 2020/11/15 *****

 

 

 

|

« だるま堂@天神橋筋商店街 | トップページ | 牝馬が強過ぎる時代に »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だるま堂@天神橋筋商店街 | トップページ | 牝馬が強過ぎる時代に »