« 5月の嵐 | トップページ | やめたことに »

2019年5月 5日 (日)

ファンファーレ

TVから流れてきたGⅠのファンファーレに、思わず耳を疑った。

NHKマイルカップの発走ファンファーレは、NHK交響楽団(正式には「NHK交響楽団とその仲間たち」)の生演奏が恒例となっている。それは知っていても「音楽」として聞くことなどない。演奏者はたった8人。なのに、普段の生演奏を遥かに凌ぐこの迫力はどうしたことか。一音一音の輪郭はくっきりしており、しかも滑らかで、高音の伸びはどこまでも心地よく、低音は腹の底に直接響いてくる。録音かと疑ったほど。さすがプロ中のプロは違う。レース前にすっかり満足してしまった。

全てのレースで発走前にファンファーレが流れるのは日本だけだ。気分を高揚させる単純明快な響きは我々ファンの耳にすっかりなじんでいる。だが、初めて使われたのは1986年暮れの中山だから意外と歴史は浅い。そのきっかけは出走のタイミングを合わせたいという、ラジオ中継スタッフの要望だったとも。その後、1988年までにJRA全10場に広まった。

Brass

現在のバリエーションは開催場やレースの格に応じた全20種類。そのうち宝塚記念年に一度しか聞けないという点で希少感がある。

そしてもうひとつ。これは厳密にはJRAのファンファーレ楽曲ではないが、年に一度だけのファンファーレが流れるのが中京で行われる名鉄杯。名鉄電車の「ミュージックホーン」をアレンジした楽曲ですっかり有名になった。しかも名鉄ブラスバンド部の皆さんによる生演奏。重賞レース以外で生演奏は珍しい。名鉄杯当日にTV中継で時間の都合などでファンファーレの映像が流れなかったりすると、視聴者から苦情が来るんだそうだ。導入から30余年を経て、発走前のファンファーレはすっかり日本の競馬に欠かせぬものになった。

|

« 5月の嵐 | トップページ | やめたことに »

競馬」カテゴリの記事

コメント

tsuyoshiさま

コメントありがとうございます。
JRAは夏競馬真っ盛りですね。
残念ながら今年に入ってからというもの、競馬場に行くどころか、競馬のことを考える暇すら無い忙しい状況が続いております😢
気付いたらダービーが終わっており、気付かぬ間に2歳競馬が始まってました。
当面こんな日々が続く見込みですが、秋になれば状況は変わるかもしれません。
長い目でお待ちいただければ幸いです。

店主敬白

投稿: 店主 | 2019年7月14日 (日) 19時52分

店主様如何お過ごしでしょうか?

再開心待ちにしております。

投稿: tsuyoshi | 2019年7月10日 (水) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月の嵐 | トップページ | やめたことに »