« 【訃報】カンパニー | トップページ | 2015 船橋記念 ナイキマドリード »

2019年1月14日 (月)

2011 船橋記念 ジーエスライカー

ジーエスライカー(坂井英光)

Funabashi2011 

この年の船橋記念はジーエスライカーが2着に3馬身差を付ける圧勝劇。これは現在の1000mになった2006年以降、最大着差です。しかも負かした相手がフジノウェーブ(2007-08年NAR最優秀短距離馬)やナイキマドリード(2010-11年NAR最優秀短距離馬)ですから、決してメンバーが手薄だったわけでもありません。

このレース、翌年からナイキマドリードが4連覇を果たすことになりますが、ジーエスライカーがその後の調教中の故障で予後不良となる不幸がなければ、ナイキマドリードの偉業も達成されていなかったかも……と思ってしまいます。

 

★お知らせ★

現在、「競馬茶論」は縮小営業中です。通常記事のアップは日曜夜のみとなりますので、ご了承ください。

店主敬白

 

***** 2019/01/14 *****

 

 

|

« 【訃報】カンパニー | トップページ | 2015 船橋記念 ナイキマドリード »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【訃報】カンパニー | トップページ | 2015 船橋記念 ナイキマドリード »