« 値段で走るわけじゃない | トップページ | データ派の悲鳴が聞こえる »

2018年10月21日 (日)

抗えぬ睡魔

昨日の話から。

8時に起床。午前中は留守番を仰せつかっている。家人は既に出かけたようだ。朝食をとって、犬を散歩に連れていく。帰宅して洗濯物を干し、撮り溜めておいたTV番組を観ていると、ピンポーンと玄関のチャイムが鳴った。Amazonの宅配。私の買い物ではないから中身は知らない。でも、それを受け取ったら外出しても良いと言われているので、そそくさと支度。競馬場に到着したのは5レースが終わった直後だった。

今日はメインまでいられないので、割と真面目に馬券を買うのだがサッパリ当たらない。でも慣れているのでどうということもない。しかし昨日も書いた通り、9Rで16倍の複勝が当たって負けはチャラ。コーフィールドカップの実況を見て府中競馬正門前駅へと向かう。

各駅停車に乗って大手町を目指す。急ぐ旅でもない。特急を利用すれば10Rを観てからでも間に合ったはずだが、座りたいがゆえの各駅停車。なにせ車内ではひたすら眠る。ならば時間が掛かる方がむしろ都合が良い。

16時に大手町到着。産経新聞社地下1階の『舎鈴』で食べる遅い昼メシはつけ麺。あまり食べないメニューだが、土曜のこの時間だとココしか空いてない。東京駅まで歩けばうどん屋さんもあろうが、歩けばそれだけ疲れる。夜の仕事前に疲れたくない。こちらの大盛は茹で前で400グラム。茹で後だと700グラムに近い麺量がある。これを食べておけばひと晩はじゅうぶんに持つ。

Sharin 

そこからは競馬とは無関係の仕事がずっと続く。ただし、ずっと座り仕事ではある。終わったのは翌朝3時。送りのクルマに乗せられて眠っているうちに自宅に到着したのは3時半くらいか。むろん家人は眠っている。音を立てぬようササッと風呂に入って、布団にもぐるが意外と眠れない。電車やクルマでは眠れるんですけどね。まあ、ついさっきまで仕事場にいたのだから、頭が切り替わってないのかもしれない。

ようやくウトウトし始めたタイミングを逃さず眠る。それがおそらく4時頃。だが、次に目が覚めたのは今朝の8時だった。なんだ、昨日と変わらんじゃないか。

またも家人は出かけているらしい。一人で朝食をとっていると、犬が散歩を待っている。仕方なく散歩に出かけて、戻ってきたら録画番組のチェックの続き。身体はひどく疲れているのだが眠くはない。それにしてもなんでこんなに疲れているのだろうか? 昨日、競馬場へ行く電車では座れた。競馬場でも最近はほとんど座って過ごしている。食事も取らない。パドックへの往還なんてもってのほか。少しでも体力を温存したい。

競馬場からの電車もずっと眠っていた。もちろんつけ麺にしても立ち食いというわけではない。仕事は仕事で辛いけど、それでも机と椅子があるのは恵まれていると思うようにしている。しかも帰宅はハイヤー。それなのに、この身体の疲れようはいったいどういうわけか。肝臓病を疑うレベルに近い。

そんなことを考えているうち睡魔が襲ってきた。夜にはまだ早いが、このアーモンドアイ級の睡魔にはとても抗えぬ。布団に辿り着いた途端に“落ち”た。あとは勝手に目が覚めるまで待つしかない。実際に意識を取り戻したのは夕方になってから。窓の外はもう薄暗い。時計を見ると17時を回っているではないか。しまった。菊花賞を見逃した……。

最近こういうパターンが多い。夜更かしのツケが翌日の午前中ではなく夕方にやってくるのである。筋肉痛も翌日ではなく翌々日に襲ってくるし、なんなら二日酔いも翌日の夜の方がひどかったりする。「あれ? あんなに飲んだのに、今朝はやけにスッキリしてるな」なんて油断していると、夜になってオェーっ!となりかねない。

原因はなんとなく想像がつく。単に身体の反応が遅くなっただけ。つまりそれだけトシを取ったということであろう。なにせ50になったばかりである。去年まで、すなわち40代の私なら、今朝8時に起きた時点で「さあ今日も競馬だ」とか言って、嬉々としながら府中に行ったに違いない。30代なら京都に行った可能性だってある。

しかし50歳でそれができなくなった。競馬場に行かなかったことはまだ許せたとしても、TV中継を観ないというのは、もう競馬ファンとしてダメになった気さえする。でも、眠かったのだから仕方ない。昔は仕事で二晩くらい眠らないことなどザラだった。今はそれができない。50歳になったからには、これを受け入れつつ競馬と付き合ってゆくしかないのであろう。

さて、これからJRAのサイトより菊花賞のレースVTRをチェックすることとする。果たして勝ったのはどの馬だろうか。

 

***** 2018/10/21 *****

 

 

|

« 値段で走るわけじゃない | トップページ | データ派の悲鳴が聞こえる »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 値段で走るわけじゃない | トップページ | データ派の悲鳴が聞こえる »