« ハードスパンの季節 | トップページ | 3頭立ての万馬券 »

2017年11月17日 (金)

幻のうどん

昨日の話。所用で飯田橋を訪れたついでに、前々から気になっていた店の暖簾をくぐってみた。

Miiraku 

『味井楽』は都内でも珍しい五島うどんを出す一軒。五島うどんは、我々が慣れ親しんだうどんに比べれば細打ちの丸麺で、強いコシとつるっとした喉越しが特徴だ。その起源は平安時代に遡り、遣唐使により中国から五島に伝わったとされる。

さらに珍しいことに、こちらのお店では生麺を使っているとのこと。生の五島うどんは「幻」と言っても過言ではない。これは期待が膨らむ。待つこと10分。茹で揚げの一杯が目の前に運ばれてくると、芳しい香りが立ち込めた。

Udon 

香りの正体はアゴダシ。焼いたアゴ(飛び魚)を一晩かけて水で戻し、そこからゆっくり火を入れて取ったダシは、さっぱりとした後味でいくらでも飲める気がする。

麺をひと口。すると、もっちりとした食感にまず驚く。これが生麺の為せる業か。むろん麺に練り込まれた椿油が生み出すコシと爽快な喉越しも申し分ない。

満足して店を出て小石川界隈をぶらぶら歩く。11月の風は冷たさを増しているが、熱いうどんを食べた直後ゆえ、ちょっと肌寒いくらいがちょうど良い。

すると5分ほど歩いたところで、こんなところに出たではないか。なんと奇遇な!

Offt 

この日は名古屋で東海菊花賞が行われる。果たしてカツゲキキトキトの連覇は為るか。白山大賞典2着の実績。とはいえ負けた相手はインカンテーションである。ここでは負けられまい。それは分かっていても、最近は勝ち身に遅いようところも見受けられるので馬券はマルチで。

Baken 

―――なんていう浅はかな見立てを嘲笑うかのような圧勝劇に言葉を失った。次走は名古屋グランプリだろうか。念願のダートグレード奪取の時は近い。

馬券は外れたが、ちょっと前の私なら「五島うどんを食べたあとだから5-10」なんてバカな馬券を買って徒に財布の金を溶かしていたはず。それではレースの印象も頭に残らない。やはりちゃんと考えるのが大事ということです。

 

***** 2017/11/17 *****

 

 

|

« ハードスパンの季節 | トップページ | 3頭立ての万馬券 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

やってみますhappy01

投稿: 店主 | 2017年11月21日 (火) 08時37分

「虎屋」は五島列島のお店なので、通信販売で是非どうぞhappy01

投稿: ギムレット | 2017年11月20日 (月) 19時28分

ギムレットさま

さすが! 行動が早いですね。
「虎屋」のチャンスを狙っていきますhappy01

投稿: 店主 | 2017年11月20日 (月) 18時27分

早速「味囲楽」へ行ってきましたsign01
丸麺のもっちり感は生麺ならではですねflair
おかかをまぶしたごはんも大変美味しく頂きましたhappy01
ただアゴダシが、私には少々上品なお味でした。
是非「虎屋」のアゴダシをご賞味下さいnote

手前にあったお店、「南蛮渡来」のトンカツトルコライスが気になりましたdelicious

投稿: ギムレット | 2017年11月20日 (月) 15時49分

ランチの時間帯は、単品うどんをオーダーすると、ダシで炊いたご飯がオマケで付いてきます。
これがまた美味しいのでビックリしましたhappy01

投稿: 店主 | 2017年11月18日 (土) 16時02分

映画「五島のトラさん」を観て以来、五島うどんとアゴダシに嵌っていますnote
生麺のお店があるとは知りませんでしたsign01
是非伺ってみますhappy01

投稿: ギムレット | 2017年11月18日 (土) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハードスパンの季節 | トップページ | 3頭立ての万馬券 »