« 迫りくる暗闇 | トップページ | 名古屋の「うちゅう」 »

2017年11月20日 (月)

消える店

府中駅から競馬場方面へと歩く途中、ふと「うどんでも一杯引っ掛けて行くか」と思い立って『小平うどん』に向かったら、こんなことになっていた。

Buta 

なんと! 武蔵野うどんのお店が、豚丼のお店に変わってしまっているではないか!

『小平うどん』に最後に来たのはいつだ?―――思わず自問してしまう。今年は来てない。去年はどうだ? いや、去年も来てない気がする。このブログによれば一昨年の7月以来。それでは嘆く資格はない。だが、店がないと分かると、あの極太麺が無性に食べたくなるから困ったもの。まあ、今日のところは諦めて豚丼にするか。

Buta2 

帯広豚丼を想像していたら違った。どんぶりに敷き詰められているのは生姜焼き。赤い器とのコントラストが眩しい。

Buta3 

肉を一枚よけるとその下はキャベツ。さらにその下にご飯が敷いてある。生姜焼き定食を丼にした感じ。そう思えば美味しい。ただ、若い人向けな感はある。

そういえば、隣の分倍河原駅前で人気を誇っていた立ち食いソバ店『立来(たっくる)』も、屋号が変わったらしい。せっかくだから確認に行ってみると……、

Yamacho1 

『山長そば』だそうです。なんか以前に比べると普通のネーミングに感じますね。

ただ、看板は変わったが、店内のつくりは前とまったく変わらない。『立来』の当時から人気だった牛スジカレーも健在なようでひと安心。そこでカレーそばを注文してみる。

Yamacho2 

おや、器は黒じゃなかったか? その割にそばの色が以前より白っぽく見える。そういやカレーそばは390円もしなかったゾ。―――という具合に、間違い探しが始まってしまう。正直、味どころではない。そういう意味では、やはり『立来』はなくなってしまったと思うべきなのであろう。

ちなみに『小平うどん』の小平本店と聖蹟桜ヶ丘店は営業中。聖蹟なら行けないことはない。でも、そこだっていつまであるか……。行ける時に億劫がらずに行っておくことの大事さを思う。無くなってからでは遅い。

 

***** 2017/11/20 *****

 

 

|

« 迫りくる暗闇 | トップページ | 名古屋の「うちゅう」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

ここ、場所があんまり……、なんですよねぇcoldsweats01
競馬場に向かうルートからもはずれてますし。

投稿: 店主 | 2017年11月21日 (火) 08時36分

え!!

小平本店は、今でも大盛況ですが。

投稿: tsuyoshi | 2017年11月21日 (火) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 迫りくる暗闇 | トップページ | 名古屋の「うちゅう」 »