« 早田の地と血 | トップページ | 未成年お断り »

2017年7月 9日 (日)

憧れの七夕賞

実は意外な告白をするのだが、七夕賞をナマで見たことがない。

ラジオNIKKEI賞はもちろんある。新潟のアイビスサマーダッシュも、レパードSも、関屋記念も、新潟ジャンプSも、新潟2歳Sも、新潟記念にもしっかり足を運んだ私なのに、なぜか七夕賞に限っては縁がない。なにせセレクトセールと被るのが困る。セールに行かない年もあるが、それは別の用事があればこそ。私と七夕賞の間に流れる天の川は、年に一度の逢瀬すら許してくれなかった。

夏のローカル開催期間の福島・新潟は、私にとって期間限定の“地元”と言うべき存在。なのに地元で行われる重賞を見たことがないというのは、グリーングラスの有馬記念に始まり、今年39年目を迎えている私の競馬歴にとって恥ずべき事実であろう。しかも、よりによって福島競馬のいちばんのハイライトたる七夕賞である。それでいながら「福島のファンは……云々」みたいなことを書きつらねる我が身が恥ずかしい。なので今年こそは―――と秘かに決意を温めていた。

それで朝から私がやって来たのはこちら。おお!「ままどおる」たちのお出迎えだ!

Mama_2 

しかし「ままどとる」はあくまでお土産。まずはJAふくしま「桃の恵み」で乾いた喉を潤すことにしよう。なにせ今日はこの夏いちばんの暑さ。勝負に挑む前に倒れてしまっては話にならない。熱中症を避けるには、桃果汁100%ストレートのこの一本に限る。

Momo_2 

おっと、こちらはNTV「秘密のケンミンショー」でも紹介された福島県民のソウルフード・クリームボックスではないか!

Creambox1_2 

実際に食べてみると……うーむ。これはなかなかインパクトが強い。普通の食パンにどばっとクリーム塗って冷やしたらこんな感じになりますよね。味も食感も見た目通り。これを毎日食べる福島の人は凄い。

Creambox2_2 

なので昼食はさっぱりと喜多方ラーメン。やっぱ福島といえば、これでしょう。これなら毎日でも食べられそうだ。

Ramen_2 

腹ごしらえが終わったところで、ぼちぼち七夕賞の馬券を仕入れることにするか。昨日も書いたように狙いはブライアンズタイムの血。なかでも人気薄のバーディーイーグルとウインインスパイアから勝負だ。

Baken_2 

……とここまで延々と書いてきたけど、残念ながら私は福島に来ているわけではない。まあ、なんとなく分かりますよね。というか、馬券にしっかり場所が印字されてる(笑)

最初のお店は八重洲の「福島県八重洲観光交流館」。いわゆるアンテナショップです。「桃の恵み」は入店時のサービスで頂いた。もちろん「クリームボックス」はこちらで買うことができる。

Shop 

そこから歩くこと5分。昭和通り沿いには『喜多方ラーメン坂内小法師』の京橋店が暖簾を掲げている。たかがチェーン店と侮ってはいけない。午前11時の開店とほぼ同時に、店内の席はすべて埋まった。平日は行列必至の人気店である。

Bannai 

さらにそこから5分も歩けば、いつものココにたどり着く。

Wins 

かように、東京にいながらでも、ある程度の福島遠征気分を味わうことは可能。だがしかし、やはり現場観戦の興奮には敵うまい。今年も七夕賞を見ることはできなかった。競馬歴40年の節目を迎える来年こそ、福島大学吹奏楽団の生演奏によるファンファーレを聴きたいなぁ。

 

***** 2017/07/09 *****

 

 

|

« 早田の地と血 | トップページ | 未成年お断り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早田の地と血 | トップページ | 未成年お断り »