« 消えた森の番人 | トップページ | ちくわパンを食べよう »

2017年6月25日 (日)

トウショウフリートから24年

長い長い東京開催の掉尾を飾るのは芝1400mのオープン特別・パラダイスS。 すっかり宝塚記念の裏番組として定着した感がある―――と同時に中京記念や関屋記念の前哨戦の役割も担うようになった。梅雨空の東京競馬場は春開催の名残を惜しむ大勢のお客さんで賑わっている。

Tokyo 

だが、かつてのパラダイスSはGⅠ戦線における箸休めのような存在だった。なにせダービー翌週の土曜メインである。お客さんも、騎手も、そして馬たちも、どことなくのんびりしていたのは仕方あるまい。前週までの緊張感はどこへやら。本格的な夏のローカルが始まるまでの、一種の調整期間のような開催だった。

そんな1993年のパラダイスSを勝ったのはトウショウフリート。名繁殖牝馬ソシアルバターフライの3×3という強い牝系クロスを内包することで注目を集めた。

Fleet 

ダート1000mで挙げた初勝利は8馬身差。初めての芝のレースとなった臥牛山特別は6馬身差。そして、このパラダイスSも5馬身差の圧勝である。しかしコンスタントに使うことができない。そもデビューからして4歳の10月である。強さと同居する体質の弱さは近親配合の光と陰だ。

トウショウフリートは、このパラダイスSを最後に引退、種牡馬入り。大レースを勝つような産駒は輩出できなかったが、産駒のジェーントウショウ(こちらはダンディルートの3×2を持つ)が母となって重賞5勝のシーイズトウショウを送った。これはこれで立派な成果である。

Sheis 

さて、そんなトウショウフリートがパラダイスSを勝ってから24年、今年のパラダイスSを勝ったのはウインガニオン。ステイゴールド産駒はシーズン末期の荒れ馬場をまるで苦にしない。昨年のこのレースの覇者マイネルアウラートもステイゴールド産駒だ。

Paradice 

そのステイゴールドの3代母・ロイヤルサッシュは、近代種牡馬群の礎となったネアルコの3×3。加えて2代母の父・ノーザンテーストには、名牝レディアンジェラの3×2という極めて濃い血が流れている。さらにウインガニオン自身の母系を辿れば、その9代母・フラストレートは伝説の名馬セントサイモンの3×3だ。

強いインブリードを持つ馬が血統表に加わると、稀にとてつもない大物を送ることがある。トウショウフリートの配合を決めたトウショウ牧場の狙いも、最初からそこにあったのであろう。こうなると、福島の開幕週でデビューが予定されているというショウナンパーリオ(シンボリクリスエスの1×3)にも注目せぬわけにいかない、

さあ、オープン特別を連勝したウインガニオンの次走は中京記念か関屋記念か。仮に前者であれば、シーイズトウショウの息子・トウショウピストとの対戦が待つ。夏のマイルシリーズはここから既に始まっている。

 

***** 2017/06/25 *****

 

 

|

« 消えた森の番人 | トップページ | ちくわパンを食べよう »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消えた森の番人 | トップページ | ちくわパンを食べよう »