« リレー開催の大井で | トップページ | 宿命のライバル »

2017年5月 3日 (水)

リレー開催2日目

南関東は昨日に引き続き船橋から大井へのリレー開催。だが、平日だった昨日とはうって変って場内は混んでいる。船橋の入場者がそっくりそのまま大井に来たんじゃないかと思えるほどだ。

Paddock 

しかし、客層を見ればそうではないことがすぐに分かる。理由は普段より圧倒的に多い女性と子供の比率。この人たちが船橋から競馬を求めてわざわざ移動してきたとは、とてもじゃないが思えない。GWで首都高湾岸線は大渋滞。りんかい線も大混雑だった。簡単そうに思えて、競馬場のハシゴは案外難しい。

競馬場を掛け持ちできないのは、騎手も同じこと。時間的に可能であろう船橋1レースと大井8レースの騎乗であっても認められない。船橋所属の騎手は船橋で、大井所属の騎手は大井で乗るのが普通。浦和と川崎の騎手は、どちらかを選ぶこととなる。浦和の保園騎手と見澤騎手、そして川崎の藤江騎手は大井を選択。しかも藤江騎手はひとつ勝ったから本人は嬉しかろう。

その藤江騎手を含め、実は今日の大井で勝った騎手は4人のみ。残る3人は、笹川、矢野、そして的場の3騎手。特に笹川騎手は3勝の固め打ちだった。中でも3レースのインテンスハートは、新馬戦以来となる5か月もの休み明けに加え17キロ増の馬体重をものともせず、敢然とハナを奪って逃げ切るのだからたいしたもの。いちばん驚いていたのは、実は管理調教師だったりする。

Intence 

インテンスハートの母・ライトハートは、内田博幸騎手や戸崎圭太騎手を乗せて大井で5勝を挙げた活躍馬。さらにその母・ラフィーネベルも鷹見浩騎手(当時)を乗せて大井で勝っている。そんな母や祖母を持つ牝馬が、大井で勝利を挙げたことの素晴らしさを伝えるための適当な言葉が見つからないことがもどかしい。いずれ彼女も繁殖に上がる。しかし、その子がまた大井で走るとは限らない。ましてや勝利を挙げるとなればなおのこと。そんな稀有な出来事が3代続いた。私にしてみれば奇跡と言うしかないのである。

Right 

ちなみにインテンスハートの父はアグネスデジタル。ブラックスピネル、ディアドムスにエイシンニシバ。アグネスデジタルの肌は、いま馬産地で“旬”だとされている。たしかにBMSランキングも、2012年に初めてランクインしてから525位→214位→124位→63位→43位→21位とうなぎ上り。当然、インテンスハートにも繁殖牝馬としての期待が高まる。その期待に競走成績という「箔」をどれだけ添えることができるか。注目を続けたい。

 

***** 2017/05/03 *****

 

 

|

« リレー開催の大井で | トップページ | 宿命のライバル »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リレー開催の大井で | トップページ | 宿命のライバル »