« 的場文男騎手6998勝目 | トップページ | 千葉セリ晴天ナリ »

2017年5月11日 (木)

東京プリンセス賞の悲劇

本更新でござる。

的場騎手7000勝フィーバーで盛り上がる中で行われた東京プリンセス賞を勝ったのは、5番人気のアンジュジョリーだった。逃げたアップトゥユーが直線で後続を突き放し、いったんはセーフティーリードかと思われたところから、一拍置いたのち猛然と外を追い込んできた。

その急追ぶりは、大半のカメラマンが内のアップトゥユーを撮ってしまったほど。居並ぶプロたちがこれほどまで撮り逃すケースも珍しい。その割に写真判定にはならなかった。スタンドで見ていた連中は、「どう見たって外だろ」と鼻で笑うのだが、それは真横から見ているから分かること。我々の位置から見てみるがいい。しかも、仮に思い切り引いてみたところで、内のアンジュジョリーが勝ったように見える一枚になることは避けられない。この位置で撮るカメラマンにとっては、どう転んでも勝ち目のない展開。もはや悲劇としか言いようがない。

Princess 

種牡馬タートルボウルにとっては初めてのビッグタイトル。なにせ地方とはいえクラシックである。しかも初年度産駒がもたらした快挙。綺羅星のごときスターが集まる社台スタリオンの種牡馬の中にあっては、どうしても肩身の狭い立場に置かれている感があるが、この勝利を弾みに2年目産駒の活躍にも注目したい。

ちなみにこれを書いているのは、付日翌日の金曜日である。先ほど千葉セリの会場で社台の関係者に「タートルボウルはダート向き?」と質問を投げてみたところ、たまたまダートでの活躍が目立っているが、向き不向きを云々できるほどまだ走ってない。ただ、マイル前後の距離が良いのは明らか―――という答えが返ってきた。思えばカジノドライヴにしても、産駒のデビュー当初はたまたま芝での勝利が続いて「芝向きか?」と言われたりしたもんね。結論はもう少し先に出そう。

Anju 

小久保調教師は異なる馬で牝馬2冠を達成。層の厚さの成せる業であろう。その口から「次走は東京ダービー」との宣言が出た。キャプテンキングやヒガシウィルウィンにとって、その鋭い末脚は脅威であるに違いない。注目馬が一頭また一頭と増えるたびに、ダービーが近づきつつあることを実感する。

 

***** 2017/05/11 *****

 

 

|

« 的場文男騎手6998勝目 | トップページ | 千葉セリ晴天ナリ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 的場文男騎手6998勝目 | トップページ | 千葉セリ晴天ナリ »