« マリーンカップを勝つのは | トップページ | 初代「皐月賞」馬の血 »

2017年4月13日 (木)

4月の雪

来週から大井でもトゥインクル開催がスタート。南関東の競馬はいよいよ夜の季節に突入する。だが、この季節になると悩ましいのがナイター観戦の服装。なにせ昼間は上着もいらぬ暖かさなのに、陽が落ちると急に冷え込むからタチが悪い。昨日の船橋でも「寒い、寒い」とみな震えていた。満開の桜も凍えているように見える。

Sakura 

そしたら、今日の札幌は吹雪だという。それを思えば船橋の寒さなど「涼しい」程度に感じるべきか。たしか今日は早来で産地馬体検査があって、門別競馬場は能検で、新冠ではHBAトレーニングセールのビデオ撮影会もあったはず。極寒、暴風、そして吹雪に見舞われた2歳馬には、気の毒な一日となった。

札幌在住の知人によれば、4月の雪は珍しくはないらしい。それを聞いて我々は驚くわけだが、それでも春の福島競馬は2010年と13年に降雪で開催順延が記録されている。本州だからといって油断できない。

南関東では来週の大井開催で2歳戦がスタート。概定段階では17日に2鞍が割り付けられていたのが、最終的な登録が7頭に留まり、21日に1鞍で行われることになった。今年最初の2歳新馬ではなくなり、新種牡馬の産駒の出走もゼロ。同一馬主の出走も多く、正直若干興味が削がれてしまった。

こうなったら18日に開幕する道営競馬に期待するしかない。なんだかんだ言って、やはり2歳競馬は道営なのである。

ところが、その登録馬が発表になるのが今日のはずなのに、22時を過ぎた今になっても、道営競馬公式サイトに情報がアップされる気配がない。これも季節はずれの雪のせいか。これでは道営開幕をアピールする気概に欠けると言われても仕方あるまい。

ポーカーアリスの子・エアーシャンクスは果たしてこの1回門別開催でデビューするのだろうか。あわよくば応援に行ってやろうかと密かに目論んでいたのだが、いつ走るのかが分からないのでは話にならない。いや、それよりもコートをクリーニングに出してしまった。船橋で「寒い」と言ってるような奴が、コートも無しに門別の寒さに耐えられるだろうか。ちょっと自信がないなぁ。

 

***** 2017/04/13 *****

 

 

|

« マリーンカップを勝つのは | トップページ | 初代「皐月賞」馬の血 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マリーンカップを勝つのは | トップページ | 初代「皐月賞」馬の血 »