« 銀行レースと物価統制令 | トップページ | 人気を考える日曜日 »

2017年4月29日 (土)

1番人気受難の春

プロ野球は開幕して1か月が過ぎたが、セ・パ両リーグのチャンピオンチームが明暗を分けている。セ・リーグは広島カープが10連勝の快進撃を続ける一方で、パ・リーグでは日本ハムが泥沼の10連敗を経験してしまった。主力選手に故障者が相次いでいるとはいえ、この時期に首位と12ゲーム差は厳しい。

連敗といってもいろいろあるが、野球になくて競馬にあるのは1番人気馬の連敗だ。かつて、「秋の天皇賞で1番人気は勝てない」と言われた時代が長く続いたことを思い出す。

1966年秋、野平祐二が手綱を取るセフトウエーが6着に敗れてからというもの、リユウフアーロス、フイニイ、マーチス、アカネテンリュウ(2年連続)、キームスビィミー、ハクホオショウ、ホウシュウエイト、キクノオー、イシノアラシ、トウショウボーイ、リュウキコウ、メジロイーグル、カツラノハイセイコ、カツアール、サンエイソロン、そして1983年タカラテンリュウまで1番人気馬が18連敗である。府中の本命党たちには、厳しく辛い秋が長く続いた。

距離が2000mに短縮された1984年にミスターシービーが1番人気で勝つと、本命党たちは「2000mなら堅く収まるゾ!」と喝采を叫ぶ。だが、1988年のオグリキャップから1999年のセイウンスカウイまでまたも1番人気が12連敗。すると本命党は掌を返したように「外枠が極端に不利な東京2000mでGⅠをやるべきではない」と主張するようになるのだが、その12連敗の中には最内1番枠からスタートした馬が3頭も含まれていた。

もちろん本命馬だって負けることはある。それが競馬だ。しかし、天皇賞・秋の1番人気馬は、能力とは無関係の理由で敗れ続けているように思えてならない。「ジンクス」と呼ばれる所以はそこにある。こうして、天皇賞に関しては「堅い春、荒れる秋」というイメージが植え付けられた。

そう、「堅い春」なのである。シンボリルドルフ、ミホシンザン、タマモクロス、スーパークリーク、メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、そしてディープインパクト―――。春の天皇賞といえば、チャンピオンが人気に応えて結果を残す舞台だった。

なのに、あらためて振り返ってみれば、2006年から1番人気馬が10連中だったりする。その間、チャンピオンの参戦が無かったわけではない。オルフェーヴルもゴールドシップも着外に沈んだ。

Gold 

同じ10年間の天皇賞(秋)における1番人気馬の成績は(5,2,2,1)。春と秋の立場はすっかり逆転してしまっている。今朝の時点ではキタサンブラックが1番人気だったのが、先ほど確認したらサトノダイヤモンドにとって代わっているではないか。サトノダイヤモンドは17頭の相手だけでなく、1番人気受難のジンクスとも闘わなければならない。

 

***** 2017/04/29 *****

 

 

|

« 銀行レースと物価統制令 | トップページ | 人気を考える日曜日 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀行レースと物価統制令 | トップページ | 人気を考える日曜日 »