« 世界を舞台に | トップページ | おじさんたちの闘い »

2017年3月23日 (木)

グレート・ギャツビー

村上春樹氏の新作「騎士団長殺し」を読了したら、今度は久しぶりにこの一冊を読みたくなり、本棚の奥から引っ張り出してきた。なぜそんな気持ちになったのか。それは「騎士団長殺し」を読んでいただければ、お分かりいただけると思う。

Great 

実を言うと―――というほど重大な話ではないが―――私はこの小説が大好きで、大学時代の講義のテキストとしてこの原書に出会ってからというもの、「一番好きな小説は?」と聞かれれば、迷わず「グレート・ギャツビー」と答えることにしている。

10年ほど前、調べものをする中で小説の中のとあるシーンを読み返す必要がでてきた。ほぼ同じタイミングで、村上春樹氏がその訳を世に問うたことは、偶然というにはあまりに出来過ぎの感がある。すぐさま書店に走り、手に取ったことは言うまでもあるまい。今回10年ぶりにその頁を開いた。

突然だが、ケンタッキーダービーと聞いて、皆さんは何を想像するだろうか?

「マイ・オールド・ケンタッキーホーム」の大合唱や、優勝馬の首に掛けられる深紅の薔薇のレイが大多数を占めるだろうけど、ミントジュレップもこれらに負けぬほど得票を集めると思う。10年前に私が調べていたものこそ、その「ミントジュレップ」についてであった。

ミントジュレップは、バーボンにグラニュー糖とミントを混ぜた甘いカクテルで、ケンタッキーダービーには欠かせない飲み物。

昔、ケンタッキー人の船乗りがミシシッピ川を船で進んでいた時、ふとバーボンを飲みたくなった。そこで陸に上がって湧き水を汲もうとしたときに、そばに生えていたかわいらしい草の葉を一緒に入れてみたところ、これがことのほか美味い。そのケンタッキー人は、その草を故郷のルイヴィルに持ち帰り、そこからミントジュレップが広まったと言われている。

そのミントジュレップが「グレート・ギャツビー」のストーリーのどこかに登場してきたような気がする。あれはどこだったか―――?

そんなことを悩み出したら、もうその一冊を読まずにはいられない。そこに村上春樹氏の新訳が上程されたのだから、やはりこれは天恵としか思えぬのである。

で結果から言うと、物語の最大の山場とも言うべきシーンでミントジュレップが登場していた。ニューヨークのホテルに、主要な人物が集まり、ジェイ・ギャツビーとトム・ブキャナンがついに直接対峙する場面の直前、デイジー・ブキャナンがホテルのサービスにバーボンとミントを注文して、ミントジュレップを作ると言い出すシーンだった。実は物語の中でのデイジーの出身地はルイヴィルだったのである。

そのルイヴィルではケンタッキーダービーの1週間前から「ケンタッキーダービー・フェスティバル」が行われ、実に10万杯ものミントジュレップが飲まれるという。果たしてデイジーは、チャーチルダウンズ競馬場に足を踏み入れたことがあったのだろうか?

 

***** 2017/03/23 *****

 

 

|

« 世界を舞台に | トップページ | おじさんたちの闘い »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界を舞台に | トップページ | おじさんたちの闘い »