« グレート・ギャツビー | トップページ | 緊急事態発生 »

2017年3月24日 (金)

おじさんたちの闘い

今日の大井9レースは「弥生賞」。むろん3歳馬による皐月賞トライアルなどではない。3歳馬どころか、5頭もの9歳馬が出馬表に名を連ねるバリバリの古馬オープン戦だ。

3歳クラシックへの重要な前哨戦という意味では、そのひとつ前に行われた「つくし特別」の方であろう。昨年の佐賀の2歳チャンピオン・スーパーマックス、前走JRA交流競走を圧勝したキングガンズラングに加え、岡田繁幸氏がその素質を高く評価するコスモスが顔を揃えた。舞台は羽田盃と同じ1800m。これは注目せぬわけにはいくまい。

Offt 

ちなみに、いま私がいるのはオフト後楽園。外は北風が強いが、売り場はオジさんたちの熱気でムンムン暑い。

Offt2 

私の背後に立つオジさんは、つくし特別はコスモスで、続く弥生賞はルックスザットキルで固いゾと、さっきから誰かと話している。

「オレはたまたま川崎で見てたんだけどね、コスモスの新馬戦はそりゃあケタ違いよ。こないだは負けたけどさ、中央のGⅡで9着なら立派なもんだよ」

Cosmos 

つくし特別は7頭立て。コスモスは単勝1.9倍の圧倒的1番人気に推されている。さあ、ゲートが開いた。スーパーマックスが逃げてコスモスが2番手から追いかける展開。あとはひとくくり。ペースは決して速くない。というか遅いまま3コーナーに差し掛かる。こりゃあ、コスモスには願ったり叶ったりの展開ではないか。

―――と思ったその瞬間、外からマクり上がったキングガンズラングが、あっという間に先頭に並びかけると、直線でも脚は衰えることなく最後は3馬身半も突き放してゴール板を駆け抜けた。これは強い。

ただし、時計は平凡。1分58秒では羽田盃は勝てない。残り1ヶ月半の間で、あと5秒詰められるだろうか。無茶な注文に聞こえるかもしれないが、伸び盛りの3歳馬ならできないことではない。

2着は伏兵チャリオットレース。コスモスはさらに2馬身半遅れた3着に敗れた。さっきのオジさんは大丈夫だろうか? 死んでないといいけど……。

でも、次の弥生賞できっと取り戻してくれるはず。オジさんが「固い」と言ってたもう一頭、ルックスザットキルは単勝1.8倍とコスモスを上回る人気ぶり。さすがにこのメンバーなら逃げ切ってくれるだろう。ドカンと勝負してさっきの負けを取り戻してくれ。さあ、ゲートが開くぞ!

―――と思ったその瞬間、なんとルックスザットキルが大きく出遅れた。うひゃー! 私は天を仰いだ。しかるのちにモニタに視線を戻すと、今度はルックスザットキルが腰をよじって早田騎手をその背中から振り落としたではないか。どっひゃー! オジさぁ~ん!!

場外のオジさんの安否は定かではないが、弥生賞に出走した9歳の“オジさん馬”のうち5着に入ったゴーディーは賞金59万円を獲得。これで来年も現役を続行する権利を得た。オジさんたちの闘いは続く。

 

***** 2017/03/24 *****

 

 

|

« グレート・ギャツビー | トップページ | 緊急事態発生 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グレート・ギャツビー | トップページ | 緊急事態発生 »