« 新馬戦が終わって | トップページ | 白毛の挑戦 »

2017年3月20日 (月)

中山の異変

この中山開催でちょっとした異変―――というか気になること―――が起きている。ディープインパクト産駒の苦戦が目立つのである。

2回中山8日間で挙げた勝利はカデナの弥生賞、グレーターロンドンの東風S、そして今日のジッパーレーンとファンディーナの4勝のみ。アンビシャスも、ヴィブロスも、リアルスティールも、ビッシュも、そして昨日のサトノアレスも勝てなかった。稼ぎどころの下級条件で勝ち星を量産できないのも珍しい。ちなみに現在行われている1回阪神8日間で、ディープ産駒は10勝をマークした。普段のディープインパクトならこれくらい勝ってもおかしくない。

逆にこの中山ではステイゴールド産駒が8勝の大活躍。昨日のスプリングSはそれを象徴していた。1番人気で敗れたサトノアレスはディープ産駒の2歳チャンピオンで、5番人気で勝ったウインブライトはステイゴールド産駒である。

昨日のスプリングSには朝日杯の1、2着馬と、ひいらぎ賞の1、2着馬が揃って出走してきた。どちらも同じ週に行われる芝のマイル戦。ただし、前者はGⅠで後者は500万条件戦に過ぎない。格が違い過ぎる。むろん朝日杯の1、2着の方が強い。普通はそう考える。しかし当たり前の結果にならないのも競馬である。勝ったウインブライトと2着アウトライアーズは、ひいらぎ賞の1、2着が逆転しただけ。朝日杯組はサトノアレスが4着。モンドキャンノはあろうことかブービーに敗れた。

Spring 

ひいらぎ賞は、実質的には朝日杯に抽選で漏れた馬たちの残念レースである。だから朝日杯と同じくらい歴史も深い。消えたり復活したりが当たり前の特別戦でありながら、そのレース名は半世紀近い歴史を誇る。コーネルランサー、カブラヤオー、プレストウコウ、ミスターシービー、ダイナガリバー、メジロライアン、サクラチトセオー、シンボリインディ、アサクサデンエン、マイネルホウオウ、ミッキーアイル……。ひいらぎ賞の連対馬を列記すれば、その重要性は朝日杯と大差ないように思える。

それを思えば、朝日杯組よりもひいらぎ賞組が成績で上回ったスプリングSの結果にいちいち驚く必要はないのであろう。その2頭の馬連配当が1350円でしかないのが何よりの証。ファンは分かっている。

それにしてもサトノアレスの敗因は何であろうか。出遅れの原因ははっきりしているが、最後の脚に特に見るべきものはなかった。スタートで滑ったことだけではあるまい。

6年前のグランプリボスは朝日杯を勝った翌年の始動戦をスプリングSに定めたが、4着に敗れた。同じ道を辿るサトノアレスに距離の不安はないのだろうか。全兄2頭はどちらかと言えば短距離指向にある。

一方で、ディープ産駒にフィットしない中山の馬場状態が影響した可能性も否定できない。だが、皐月賞が行われるのは間違いなくこの中山である。

今年の牡馬クラシック路線は、前哨戦が進むにつれ混迷の度合いを増すばかり。ソウルスターリングやファンディーナあたりは、日本ダービー参戦を本気で検討すべきかもしれない。

 

***** 2017/03/20 *****

 

 

|

« 新馬戦が終わって | トップページ | 白毛の挑戦 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新馬戦が終わって | トップページ | 白毛の挑戦 »