« プラスマイナス悲喜こもごも | トップページ | 失点率と抽選 »

2017年3月15日 (水)

待ちに待った舞台

JRAのオーブンクラスには2100mを超える距離のダート戦は用意されていない。1600万条件でも同じ。ない。重賞ではシリウスSの2000mが最も長い。だが、これにしてもスタート地点は芝コース上にあるから、「ダート1922m+芝78m」と表記したほうが正しい。

だからJRAで走るダートのステイヤーたちは、逆の意味での「距離の壁」に早晩ぶつかることになる。それならと1800m戦線で頑張る馬もいるが、地方への移籍を選択する馬もいなくはない。

今宵のダイオライト記念に出走するユーロビートもそんな一頭。JRA時代はダートの2100~2500mで4勝をマークしたが、準オーブンで「壁」にぶつかった。5歳の夏に大井へ移籍。ここには金盃と東京記念の二つの長距離重賞が用意されている。ユーロビートはこの二つのレースに5回出走して(3,2,0,0)だから凄い。今夜のダイオライト記念、たとえ相手がGⅠホースであっても、2400mでは譲れぬ思いがあろう。

Yuro 

JRA時代のクラージュドールに関して言えば、準オーブンを首尾よく勝ち上がることができたが、オーブンで頭打ちになった。彼が東京の2100mで負けた時、手綱を取ったライアン・ムーア騎手が「2400mなら勝てる。(そんな番組は)ないだろうが……」と言って周囲を笑わせたことを思い出す。JRAはダートのステイヤーに優しくない。そんな話題で盛り上がった。それからしばらくして船橋に移籍してきたクラージュドールは、昨年のダイオライト記念4着。先月の金盃では3着。長距離ではやはり崩れない。彼も今夜の舞台を待っていたに違いない。

Dole 

なので、こんな馬券を買ってみた。

Baken1 

あと、こんなの。

Baken2 

結果は2着と5着だからはずれ。でも人気を考えれば悪くない。3着ウマノジョーも含め、ダートグレードで3頭の地方馬が掲示板に載るなんて、いつぶりだろうか? なにせ昨日の黒船賞ではJRA勢が掲示板を独占した。たとえ勝てなくても上位争いに加わることが大事。いずれ勝つチャンスは巡ってくる。

Yutaka 

もちろん勝ったのはクリソライト。今日が誕生日の武豊騎手は、引き揚げてくるなり3本指を立てて3連覇をアピールした。「7歳だけどまだまだ勝てる」とは武豊騎手。6馬身差の圧勝を見せつけられては、否定のしようもない。この舞台を待っていたという点では、ユーロビートにもクラージュドールにも勝るものがあった。早くも来年の4連覇が気になって仕方ない。

 

***** 2017/03/15 *****

 

 

|

« プラスマイナス悲喜こもごも | トップページ | 失点率と抽選 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラスマイナス悲喜こもごも | トップページ | 失点率と抽選 »