« 冬から夏、そして春へ | トップページ | みかんの皮 »

2017年2月13日 (月)

スペシャリストたちの領域

土曜の東京で行われるダイヤモンドSの登録馬が発表になった。注目は過去3年のこのレースで、①着、①着、②着のフェイムゲームと、ステイヤーズS連覇中のアルバートの激突。両者は昨年の春天とアルゼンチン共和国杯で対戦していずれもアルバートが先着を果たしているが、東京の3400mならフェイムゲームも譲れまい。

Albert 

加えてファタモルガーナも出走を予定。この3頭はダイヤモンドSとステイヤーズSにのべ12回出走し、(4,5,1,2)の成績を残しているから凄い。馬券はこの3頭のBOXで良いんじゃないか。

Fata 

我が国の平地競馬で3200mを超える距離のレースは、ダイヤモンドSとステイヤーズS。この2つしかない。いわば特殊領域。だからしばしばスペシャリストの舞台となる。

Fame 

しかし、残念なことにスペシャリストの血を欲しがる声はさほど多くない。そこが特殊領域の悲しさ。ファタモルガーナは古くからセン馬として活躍して今や9歳。7歳になったフェイムゲームもついに昨夏に去勢し、晴れてセン馬となった。そう思ってダイヤモンドSの登録馬を見れば、17頭のうちなんと5頭までがセン馬である。これほどセン馬が集まる重賞も珍しい。やっぱり馬券はセン馬5頭のBOXにしてみようか。

―――なんて、ひょっとしたら多くのファンの注目はスペシャリスト同士の熱い闘いではなく、かといってセン馬たちの哀愁漂う走りっぷりでもなく、実は11歳馬サイモントルナーレに向いているのかもしれない。なにせ藤田菜七子騎手である。ハンデはおそらく48キロ。この斤量は現代のジョッキーの体重を勘案すれば事実上の下限とされる。だが、菜七子騎手ならば47キロくらいでも乗れるのではないか。

サイモントルナーレ自身、過去にダイヤモンドSとステイヤーズSに合わせて8度出走。これもある意味ではスペシャリストであろうが、その割に掲示板は一度もない。かつてこのダイヤモンドSでは45キロのハンデが設定されたこともある。明日発表されるハンデに注目だ。

 

***** 2017/02/13 *****

 

 

|

« 冬から夏、そして春へ | トップページ | みかんの皮 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬から夏、そして春へ | トップページ | みかんの皮 »