« 春の嵐 | トップページ | 8歳の初芝 »

2017年2月24日 (金)

【訃報】ミホノブルボン

1992年の皐月賞はTV観戦だった。

ミホノブルボン、圧巻の一人旅である。TV画面に映った小島貞広騎手の涙は今も忘れない。緊張が解けないのか、あるいは雨に打たれた寒さのせいか、小刻みに身体を震わせつつも、「ブルボンが男にしてくれた」と愛馬を讃えることを忘れなかった。後から聞いた話では、その隣でインタビューを聞いていた生産者の原口圭二さんも、身体の震えが止まらなかったという。

ミホノブルボンが死んだらしい。1992年のダービーを無敗で制した二冠馬。菊花賞では敗れたものの、負けて強しのレースぶりに「準三冠馬」と評する声もある。28歳なら大往生であろう。と同時に歳月の経過を痛感する。

ミホノブルボンを生産した原口牧場は、所有するサラブレッド繁殖牝馬わずか8頭。家族経営の小さな牧場であった。繁殖牝馬の不受胎は、牧場の先行きを危うくしかねない。ミホノブルボンの母・カツミエコーは、ブルボンを産んだ翌年から2年連続で不受胎。原口さんが処分を考えたのは当然であろう。それを「もう1年待って」と涙ながらに訴えて、思いとどまらせたのが奥様。昔の競馬にはそういう美談がつきものだった。

父・マグニチュード、母の父・シャレー。マイナー過ぎることで話題となったその血統も小牧場ならではの悲哀に包まれている。マグニチュードの種付け料20万円はミルリーフの系統でもっとも安い。カツミエコーの母にシャレーを付けた時も、本来ならダンディルートにしたかったのが120万円の種付け料を捻出できず、仕方なく同じ父系で種付け料10万円のシャレーにせざるを得なかったのだという。稀代の快速馬は“代用品”の賜物だった。私にすればなんとも勇気付けられる話だが、なにぶん30年以上も昔のこと。昨今ではそんな夢さえなかなか見ることができない。

ずいぶん昔のことだが、種牡馬時代のミホノブルボンが放牧されているパドックに立ち入らせていただいたことがある。

繁殖牝馬や子馬のパドックを歩き回ることはしょっちゅうでも、種牡馬となるとなかなか機会がない。種牡馬は怖いのである。ゆっくり近づいてくる巨大な馬体から発せられるオーラの凄いこと。これがダービー馬か。

Mihono 

でもミホノブルボンはやさしく我々の相手をしてくれた。種牡馬は怖いが、ブルボンは優しいのである。かつてJRAのCMに出演した際、女優の鶴田真由さんを背中に乗せていたのはダテではない。

顔を撫で、首筋を撫で、背中を撫で、そしてお尻の筋肉をまじまじと眺めて、思わず両手を合わせて拝んでしまったことを覚えている。これが坂路で鍛えし「ブルボンのケツ」かぁ……と。

それは、生まれながらにして背負わされる血統という宿命を、自らの努力によって打ち破った証。ダービーのパドックで見た、あの4つに大きく、くっきりと割れた筋肉に勝る「尻」を、その後ほかの馬に見た記憶はない。合掌。

 

***** 2017/02/24 *****

 

 

|

« 春の嵐 | トップページ | 8歳の初芝 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます。
調教ばかりに目が行ってしまいがちでしたが、いま思えばミルリーフの血の凄さと、何よりカツミエコーからクレイグダーロツチへとつながる母系の素晴らしさを感じます。良い馬でした。

投稿: 店主 | 2017年2月25日 (土) 20時37分

種牡馬も、ミルジョージを種付けしたかったけれど、とても支払うことは出来ないのでマグニチュードになったそうですが、この配合でなければミホノブルボンは誕生していないので、神がかった配合と言えるでしょう。

投稿: ギムレット | 2017年2月25日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の嵐 | トップページ | 8歳の初芝 »