« はなまる屋@中山 | トップページ | 根岸の馬かけ »

2017年1月27日 (金)

コレクション

過日、年賀状葉書のお年玉クジの抽選結果が発表になったので、照合作業を行った。

実は昨年暮れあたりから洗濯機の調子が良くない。大量の衣類を投入しているわけでもないのに、3回に1回は「ぴー」というアラーム音とともにドラムが停止してしまう。原因は不明。再度スタートボタンを押すと、何事もなかったように素知らぬ顔をして洗濯を続けやがる。

もう買い換えなければならぬのだろう。しかしそれには先立つものが必要。それを案じていたら、なんと今年のお年玉月年賀はがきの1等が現金10万円だと聞かされた。

1等が当たれば洗濯機が買える!

我が家に届いた年賀状は100枚程度だから、そんな目論見がうまくいくわけがない。むろん結果は惨敗。切手シートが1枚のみだから、確率的にはむしろ“負け”であろう。

貴重な切手シートをもたらしてくれた年賀状の差出人を見れば、これがノーザンファームのスタッフの方であった。これでは安平に足を向けて眠れぬ。平素より「もう、ノーザンだけで競馬やってろ!」などと罵詈雑言の限りを吐き続ける私であるが、今後はそういった言動は慎まねばなるまい。たった1枚の切手シートとはいえ、案外そういうところは義理堅いのである。

そうは言っても、私は切手コレクターではない。もともと収拾癖というものを持ち合わせぬタチなので、こういう記念切手の類も、何の躊躇いもなく使用することにしている。

切手に限らず、本、雑誌、レーシングプログラム、馬券、騎手のサイン、それからテレホンカードやクオカードの類などについても、進んで集めていることはしていない。クオカードを頂く機会はやたらと多いが、有り難く使わせていただくつもりでいるし、テレホンカードだってちゃんと持ち歩いて、常に使う機会をうかがっている。ちなみに、いま財布を調べたらマチカネフクキタルの菊花賞のテレカが入っていた。コレって20年前のじゃねぇか! しかも完全未使用(笑) ともあれ、このカードたちを全部使い切るのは、まだかなり先のことになりそうだ。

Teleca 

「デブで眼鏡」という外見のせいであろう。周囲からは熱心なコレクターだと思われがちだが、実はまるでモノに執着がないのである。「何事にもコダワリがない」と言った方が近いかもしれない。

「デットーリが7戦全勝を果たした日のアスコット競馬場のレープロ」とか「フジヤマケンザンが香港カップを勝った翌日の現地の新聞」みたいな、縁のある記念品はちゃんと取っておいてある……はず。実際どこに保管してあるのか、判然としない。そういったものを展示保管する「コレクション・ルーム」があるような大きいお家を建てた暁には、いろんなものを集めてみたいものだけど、新しい洗濯機をお年玉付き年賀はがきに期待しているような身では、どだい無理な話ですね。

 

***** 2017/01/27 *****

 

 

|

« はなまる屋@中山 | トップページ | 根岸の馬かけ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はなまる屋@中山 | トップページ | 根岸の馬かけ »