« 屈指の名勝負 | トップページ | 連携プレー »

2016年12月26日 (月)

年の瀬競馬が始まった

「これが東日本での今年最後の競馬です!」

昨日の中山最終11Rのハッピーエンドカップの発走直前、場内の実況アナがそう紹介した。

まだこの後に阪神の最終レースが控えていることを意識してのセリフだろうが、「今年最後の競馬」はちょっとおかしい。だって地方公営競馬は大晦日まで休みなしですからね。それなら「JRAの競馬」だろうが、そこまで言うとちょっとくどい。

「てぇことはナニかい? JRA以外は競馬じゃない、ってぇコトか?!」

私がそう怒鳴りそうになったその時、実況アナが言い直した。

「さあ、これが中山競馬場で行われる今年最後の競馬です」

まあ間違ってはいない。でも“年の瀬感”は若干そぎ落とされた。言葉選びは難しい。そういう意味において、私はアナに同情する。

ともあれ、有馬記念は終わっても今年の競馬は終わりではない。大井は今日から恒例の年末開催。息つく間もなく大晦日まで競馬漬けの日々が続く。今日の注目は2鞍行われた新馬戦。最初のレースは1番人気のジェミニライブラがスタートからハナを奪うと、一気呵成に逃げ切った。

2r 

父のサウスヴィグラスは、2016年の南関東リーディングサイアー。勝利数は2位ゴールドアリュールに50勝以上をつける独走状態で、獲得賞金でもゴールドアリュールに1億8千万円の差ならトップ確定であろう。大晦日の東京2歳優駿牝馬にもサウスヴィグラス産駒が多数出走を予定している。

3r 

もうひとつの新馬戦を勝ったのは、シニスターミニスター産駒のミッドホエール。今年のシニスターミニスターの南関東サイアーランキングは13位だが、過去5年で194位→109位→33位→25位→23位と、着実に上昇している点は見逃せない。来年のベストテン入りも見えた。

Sinister 

ところで、3号スタンド跡地にできた広場の一角には、こんな仮設スタンドが設置されている。

Stand 

東京都絡みの施設で「仮設スタンド」と聞けば色をなす人も出てきそうだが、これは東京五輪ではなく東京大賞典を意識したもの。くどいようだが、「今年最後のGⅠレース」にしても、有馬記念ではなく東京大賞典ですからね。有馬記念やジャパンカップと同じ、国際セリ名簿基準委員会(ICSC)が格付した、正真正銘の国際GⅠである。

そんな東京大賞典を3日後に控えた大井は、明日以降も大晦日まで5日間、全60レースを取り揃えて、皆さんのご来場をお待ちしています。「ラーメン&餃子フェス」も絶賛開催中。ぜひ、お越しを。

 

***** 2016/12/26 *****

 

 

|

« 屈指の名勝負 | トップページ | 連携プレー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屈指の名勝負 | トップページ | 連携プレー »