« 最後の思い出に | トップページ | 大晦日のラーメン »

2016年12月30日 (金)

ディープ産駒が重賞“初制覇”

昨日の喧騒が嘘のような佇まいの大井競馬場はご覧の晴天。まもなく東京シンデレラマイルが行われる。

Rappa 

人気はトーセンセラヴィ。単勝オッズも2倍を切っている。なにせ前走がGⅠで、JRAの強豪相手に3着と健闘してみせた。それが初重賞なのだから恐るべし。そこで負かしたトロワボヌールが、クイーン賞でリンダリンダやノットオーソリティをぶっちぎって勝っているのだから、穴党の私をもってしても評価を下げる理由が見当たらない。あるとすれば「油断」くらいか。

今年のクラシックホース2頭も顔を揃えた。思えば、モダンウーマンとリンダリンダの「道営ワンツーフィニッシュ」で決まった東京2歳優駿牝馬は昨年の大晦日のこと。あれから1年。同じ季節に同じ舞台なら、思わぬ快走があってもおかしくない。

レースは外目の2、3番手につけたトーセンセラヴィが4角を回って先頭。大井1600mは内回り。そのまま押し切るか―――。そう思った矢先、外からリンダリンダ、内からモダンウーマン、3歳馬2頭がトーセンセラヴィ目掛けて襲い掛かってきた。

驚いたのはそこから。内と外から並ばれたトーセンセラヴィが、ゴール寸前で再びもうひと伸び。なんとクビほど差し返したところがゴールである。なんという底力か。これが初めての重賞勝ちとはとても思えぬ。

Mori 

ディープインパクト産駒が南関東重賞を勝ったのは、初めてのことであろう。かつてテムジンがサンタアニタトロフィーで2着になったことはあるが、勝った例となると、少なくとも私の記憶にはない。

それもそのはず。そもそもディープ産駒の南関在籍頭数自体が少ない。むろんダート適性もあろう。JRAであれだけ重賞を勝ちまくっているのに、ダート重賞となるとボレアスのレパードSくらいではないか。ともあれトーセンセラヴィは、南関東の歴史に新たな1頁を刻んだ

トーセンセラヴィがダートでここまで強いのは、お母さんのおかげであろう。皆さんご存知トーセンジョウオーのこと。スカーレットインクへと遡る母系にはヴァーミリアンを筆頭にダートの猛者がずらりと居並ぶ。そこにディープインパクトのスケールが加わった。その素質が完全開花したのだとすれば展望は明るい。次走は母が惜敗したTCK女王杯。そして大目標はJBCレディスクラシック。来年の牝馬ダートグレード戦線が楽しみになった。

 

***** 2016/12/30 *****

 

 

|

« 最後の思い出に | トップページ | 大晦日のラーメン »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の思い出に | トップページ | 大晦日のラーメン »