« 2頭の女王誕生なるか | トップページ | 天才ジョッキー逝く »

2016年12月14日 (水)

無敗の2歳女王が続々と

朝日杯を牝馬のミスエルテが勝てば、阪神JFのソウルスターリングと並んで無敗の2歳女王が2頭並び立つ―――。昨日そんなことを書いたばかりだが、その朝日杯が始まる前に早くも2頭目となる無敗の2歳女王が誕生してしまった。

Kawasaki01 

さきほど川崎競馬場で行われたばかりの全日本2歳優駿を勝ったリエノテソーロは、スペイツタウン(Speightstown)産駒の2歳牝馬。4戦4勝でGⅠを勝ったのだから、まぎれもない無敗の2歳女王である。

父のスペイツタウンはBCスプリントなどを勝ち、エクリプス賞の最優秀短距離馬にも輝いた名スプリンター。種牡馬としても多くの活躍馬を送り出し、日本でもクラスターカップを勝ったドスライスなどを輩出している。リエノテソーロはその父譲りの豊かなスピードを武器に、新馬、オープン特別、そしてGⅢと1200m戦ばかりを使われて3連勝。今回は距離延長、初めての左回り、牡馬一線級との対戦、そして苦手とされる当日輸送と、「ハードル」と呼ぶには高すぎる課題がいくつも立ちはだかっていたのに、見事にクリアしてみせたから凄い。

Kawasaki02 

彼女がJRAの最優秀2歳牝馬に選出される可能性が低いことはわかっているが、それでも地方を根城にする者としてはせめて同じ土俵には上げてあげたい。

現時点での最有力候補ソウルスターリングは3戦3勝で重賞はGⅠがひとつ。仮にミスエルテが朝日杯を勝ったとしても、同じく3戦3勝で重賞はGⅢとGⅠがひとつずつということになる。一方、リエノテソーロはGⅢとGⅠを勝った上で4戦4勝である。数字だけなら上。それをよりどころに、何票か集めてくれないものだろうか。

まあ、そんなことより、競馬ファンが真面目に気にすべきは彼女の今後の進路であろう。デビュー2戦の競馬を見れば、芝がまるっきりダメということでもあるまい。すでに獲得賞金もクリア。距離にも不安はない。桜花賞出走への障壁は見当たらないように思える。

無敗のまま2歳GⅠを制した3頭もの牝馬が桜花賞で激突―――。むろん空前の出来事に違いない。がぜん朝日杯の行方が気になってきた。だが、競馬ファンが仮定の話で盛り上がると、期待通りに進まないことの方が多いのも事実。ここは泰然自若の姿勢こそが肝要であろう。

 

***** 2016/12/14 *****

 

 

|

« 2頭の女王誕生なるか | トップページ | 天才ジョッキー逝く »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2頭の女王誕生なるか | トップページ | 天才ジョッキー逝く »