« ディープ産駒が重賞“初制覇” | トップページ | 今年も競馬場であおうでぃー »

2016年12月31日 (土)

大晦日のラーメン

大井競馬場では年末恒例のラーメンイベントを実施中。しかし、毎年のことながら食べる暇がつくれず、最終日すなわち今日にまとめ食いすることになる。大晦日に食べる麺は、なにも年越しそばだけとは限らない。

Tck 

まずは信州鶏白湯『気むずかし家』。

Kimuzukashi 

続いて自家製熟成麺「吉岡」。昨年も食べたが、このビジュアルを見ると、どうしても行列に並んでしまう。

Yoshioka 

胃袋的にはあと一杯が限度。行列も増えてきた。さあ、ラスト一杯をどこにするか。

Pinapple 

行列も少ないことだしココにしよう。味はともかく、こういう機会でもなければこのようなラーメンを口にすることは一生あるまい。西荻窪の『パパパパパイン』のパイナップルラーメン(塩)。

Pine 

美味しい塩ラーメンに、缶詰めのパイナップルをドカンと投入した味を想像してもらえるだろうか。「隠し味」などという控えめな存在ではない。聞けばダシとパイナップルの割合は3:1だそうだ。ペンパイナポーアポーペンくらいの存在感がある。賛否はあろうが、少なくともその勇気には我々も見習うべき点があるかもしれない。みんなと同じことをやっていては100万馬券など夢のまた夢。平然と常識に逆らう気概が欲しい。

そんなこんなで東京2歳優駿牝馬。

3番手で1コーナーに入ったピンクドッグウッドが、向こう正面から早めの仕掛ける。3コーナーで早くも先頭に立つと、そのまま圧倒的1番人気アップトゥユーの追撃を押さえて押し切ってみせた。

2sai 

3着にはアンジュジョリーが最後方から追い込んだ。上位3頭の現在の所属こそ愛知・川崎・浦和だが、例によって3頭とも道営デビュー。道営出身馬の表彰台独占は昨年に続いてのこと。こうなると、簡単にはこの流れは止まるまい。

―――てな具合に、大晦日のエントリには毎年同じことを書いているような気がするが、最近はそれに安堵感を覚えるようになってきた。今年もどうにか凌ぎ切った。考えようによってはたいへんな達成である。長く競馬を続けるのは、実はそれほど簡単なことではない。それをさりげなく教えてくれるのが、東京2歳優駿牝馬とラーメンなのであろう。

それでは皆様、よいお年を。

 

***** 2016/12/31 *****

 

 

|

« ディープ産駒が重賞“初制覇” | トップページ | 今年も競馬場であおうでぃー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、いつも読んでいただきありがとうございます。
fuji
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 店主 | 2017年1月 1日 (日) 07時58分

毎日楽しませて頂きありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたしますw

投稿: tsuyoshi | 2017年1月 1日 (日) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディープ産駒が重賞“初制覇” | トップページ | 今年も競馬場であおうでぃー »