« 変わりゆく引退式 | トップページ | 結婚式は馬だらけ »

2016年12月 4日 (日)

名牝の子はつらいよ

この一週間は毎日のように大井競馬場に足を運んだ。

Ooi 

月曜から金曜までの5日間に加え、その前の土曜に行われた「お客様感謝デー」にも顔を出していたのだから、日曜以外はずっと大井に行っていたことになる。その日曜にしてもジャパンカップに行ってたわけだから、競馬場通いを休んだわけではない。驚くべきは、その間に馬券が的中したという記憶がいっさいないこと。ざっと30レースほどに手を出したと思われるが、すべて外れた。こんなことで正月を迎えられるのだろうか。今から不安で仕方ない。

馬券は外れたが嬉しいレースはあった。金曜の大井2レースは、3歳馬によるマイル戦。このレースをハナ差で制したダイワウィズミーは、あの女傑・ダイワスカーレットの娘である。9戦目での嬉しい初勝利となった。

Daiwa 

父はキングカメハメハ。大井でデビューするような血筋ではない。ほかの兄弟姉妹同様、彼女もJRAでデビューを果たした。2歳秋の東京競馬場での芝1400m戦。牝馬としては王道であろう。鞍上は戸崎圭太騎手。もちろん1番人気。しかし中団追走のまま、特に見せ場もないまま6着に敗れた。

以来、JRAで7戦を消化するも、ついに勝てぬまま3歳未勝利戦は終了。捲土重来を期して大井に移籍して、ようやく掴んだ初勝利である。周囲が思っていたより時間はかかったに違いないが、それでも嬉しくないということはあるまい。少なくとも私は嬉しい。

今日の中山のメイン・北総Sにダイワレジェンドの姿があった。御存じダイワウィズミーの全兄。ダイワスカーレット産駒の中では出世頭でもある。

Legend 

しかし、レースではしんがり負けを喫してしまった。競馬だからこんなこともある。だが、背後の客からこんな声が聞こえてきたではないか。

「ダイワスカーレットの子って走らねぇよなぁ」

私は思わず自分の耳を疑った。JRAで4勝もしている馬に「走らない」とはなにごとだ。

Arima 

つまりはお母さんが偉大過ぎるのであろう。12戦8勝。うちGⅠ4勝。3着以下に負けたことはない。牝馬ながら有馬記念にも勝っている。こんな成績と比較されてしまっては、子供たちもたまったものではあるまい。私ですら気の毒に思う。ウオッカの子が思うように走らない背景にも、似たような事情が隠れていやしないか。生まれながらに背負わされた期待と宿命が、ハンデとなって彼ら彼女らに重くのしかかっているように見える。名牝の子は、ことさら温かい眼差しで見守りたい。

 

***** 2016/12/04 *****

 

 

|

« 変わりゆく引退式 | トップページ | 結婚式は馬だらけ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変わりゆく引退式 | トップページ | 結婚式は馬だらけ »