« もういくつ寝ると | トップページ | チャンピオンジョッキー »

2016年12月 8日 (木)

クライマックスはまだ

師走の声を聞いて気になるのは年賀状の準備だけではない。正当な競馬ファンなら、年度代表馬を始めとしたJRA賞の行方が気になってくる頃合であろう。

今年行われたJRAのGⅠ(JGⅠを含む)20レースのうち、現段階で2勝以上をあげているのはキタサンブラックただ1頭。そういう意味では年度代表馬にもっとも近い位置にいるわけだが、海外を含めればモーリスも2勝である。今週末の香港カップをモーリスが勝つようなら、2年連続年度代表馬の栄誉も見えてくるかもしれない。

今年は2歳馬のタイトル投票に波乱があるかもしれない。なにせ朝日杯FSにミスエルテが出る。これまでなら阪神JFを勝った馬が文句なく最優秀2歳牝馬だった。だが、仮にミスエルテが朝日杯を勝つようなことになれば、いったいどうなるのだろうか。それはすなわち、最優秀2歳牡馬の選出にもかかわる。どうせなら、そんな事態になってくれないだろうか。そのとき記者たちがどのような投票行動に出るのかを見てみたい。

それより、私が気を揉むのは例によって「最優秀ダート馬」のタイトルである。

JRAのGⅠだけならモーニンとサウンドトゥルーが1勝ずつ。だが、地方のダートグレードを含めればコパノリッキーが3勝(かしわ記念、帝王賞、マイルCS南部杯)もしている。だが、なぜかこれが評価されない。一昨年などは、かしわ記念、帝王賞、JBCクラシック、東京大賞典を勝ったホッコータルマエを差し置いて、GⅠはJCダート1勝のみのベルシャザールがタイトルをさらってしまった。「JRA賞」の名前はダテではない。

なにせ、有馬記念が終わった時点でさっさと投票してしまう記者が少なくないのである。そういう人たちは東京大賞典を選考の対象にはしていない。多忙を極める年末のこの時期、JRAの事務方にしても早い方が嬉しいとばかりに、ほいほいと投票用紙を受け取ってしまう。なかには「地方のダートグレードは「GⅠ」ではなく「JpnⅠ」だから考えなくていいんだよ」と言う人も。だが、東京大賞典はれっきとした「国際GⅠ」。それを知らぬ人が投票をしていること自体がおかしい。

そもそも、すべてのタイトルホースを12月に決めなければならないものだろうか。

我が国で行われるダートの国際GⅠは、チャンピオンズC、東京大賞典、フェブラリーSの3鞍。これらは12月から2月の3か月間に集中して行われる。ならば、最優秀ダートのタイトルを決めるのは3月にすれば良いのではないか?

Feb 

ほかのタイトルと選考期間がズレてはいろいろと都合が悪いこともあろう。でも、同じことは最優秀障害馬のタイトルでも言える。春先のビッグレースから暮れのビッグレースまでの間隔が開きすぎて、見ている側としては両者が繋がらないのである。

春にタイトルを決めて、翌年の正月に年度代表馬といっしょに表彰してはどうだろう。いろんな問題が起きることは承知。しかし、春にクライマックスを迎える競馬があっても良いではないか。ダートや障害のトップシーズンを冬から春に据えたのは、ほかならぬJRA自身なのだから。

 

***** 2016/12/08 *****

 

 

|

« もういくつ寝ると | トップページ | チャンピオンジョッキー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

有馬記念の見どころが増えましたね(^o^)

投稿: 店主 | 2016年12月13日 (火) 08時15分

最優秀2歳牝馬は分からなくなってきましたが、
キタサンブラックが有馬記念勝たない限り、
モーリスが年度代表馬になりそうですね。

モーリス強かったもんなー。

最優秀ダート馬も確かに悩む。

投稿: tsuyoshi | 2016年12月13日 (火) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もういくつ寝ると | トップページ | チャンピオンジョッキー »