« あの頃のクイーンステークス | トップページ | 【訃報】マキバスナイパー »

2016年10月 2日 (日)

あれから10年

終わったばかりの凱旋門賞の映像を繰り返し眺めていたら、ブログの更新が遅れてしまいました。申し訳ありません。

スタート、すぐに左カーブ、向こう正面の長い直線、下り坂、タイトな4コーナー、直線の攻防、そしてゴール。何度見ても同じようにファウンドが1着でゴールする。それを確認すると、またゲートのシーンまで戻して、そこからまたレースを見る。こんなことを何度繰り返しただろうか。気付いたら時計の針は午前1時を指していた。

ちょうど10年前。マカヒキの父・ディープインパクトが凱旋門賞で負けたあの翌日は、会う人会う人から凱旋門賞の話を振られて困った覚えがある。いや、「振られる」というより、実際には「詰め寄られる」という表現の方が正しかった。彼らはこう口を揃えたのである。「なぜ負けた?」。

あの時つくづく思った。日本の馬が凱旋門賞で負けたことに対して、一般の人が敗因を求める時代になったのだ、と。

エルコンドルパサーの時もかなり盛り上がったはずなのだけど、その時の盛り上がりはあくまでも「競馬サークルの一大事」であった。それに対して、ディープの過熱ぶりはまさに「日本の一大事」。結果はどうあれ、日本競馬の歴史の転換点になったことは間違いあるまい。

あれから10年を経て、今回の凱旋門賞も大きな転換点となった。日本国内での馬券発売である。

今回ほど日本馬以外の凱旋門賞出走馬に興味を注がれたことが、過去にあっただろうか。去年まではただやみくもに1頭の馬を応援していた。それが今度は馬券を買って、レースに参加するのである。むろん相手を知らなければ馬券は買えない。とかく馬券となると、真面目に研究するのが日本の競馬ファンの素晴らしさ。これまでは一部のマニアの領域だった海外の競馬が、途端に身近になった。そう思えてならない。

競馬サークル内においても、海外GⅠ出走に際して、かつてのような「挑戦」とか「遠征」という感覚は薄れつつあるように思う。適鞍があるから使う―――。そう公言する調教師が多数派になった。小倉であろうがロンシャンであろうが同じ競馬。それなら見る我々の心構えも普段と変わりなくありたい。すなわち「勝ったら驚く」。その一言に尽きる。

Padock_2 

明日になって、「マカヒキはなぜ負けた?」と私に詰め寄ってくる人はいるだろうか。それよりも勝ったファウンドや、オブライエン調教師の魔法使いのような手腕や、種牡馬ガリレオの凄さを賞賛する声が増えそうな気がする。10年前には優勝馬のことを聞いてくる人などいなかった。今なおレイルリンクを覚えている人が、果たしてどれほどいるだろうか。マカヒキが負けたことはもちろん残念。でも、明日になって、この10年間の進化を実感できることを楽しみにしたい。

 

***** 2016/10/02 *****

 

 

|

« あの頃のクイーンステークス | トップページ | 【訃報】マキバスナイパー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

店主様
早くも来年の凱旋門賞が楽しみになるご回答に感謝でございます。そして昨夜の自家製釜玉うどんに不満が残り、ランチに釜玉うどんを食べに行ってしまいました。おうどんは飽きないです。

投稿: すかどん | 2016年10月 3日 (月) 23時01分

すかどん様

深夜の釜玉イイですねsmile
終わってからの納得感という点では、今年も「ザ・凱旋門賞」というべき結果に終わりました。来年のディーマジェスティに期待しましょう。同じディープ産駒でも、母系はこちらの方が凱旋門賞向きです。

投稿: 店主 | 2016年10月 3日 (月) 18時48分

tsuyoshi様

ガリレオの産駒がついに凱旋門賞を勝ちましたね。日本馬の勝利よりもこちらの方が「まだか? まだか?」と言われていたわけですから、順番的には順当な結果だったのでしょうcoldsweats01

投稿: 店主 | 2016年10月 3日 (月) 18時45分

実は私。
初めて現地で海外G1を観たのがガレリオが勝ったエプソムダービーでした。

これ自慢です(笑)

いつかは凱旋門賞勝てるって、言われているけど、ホントいつなんでしょうね。

あまりの失速ぶりに、マカヒキがどこ走っているのか一瞬分からなくなりましたよ。

投稿: tsuyoshi | 2016年10月 3日 (月) 11時31分

店主様
今晩は。釜玉うどんを食べながら凱旋門賞を観戦。興奮冷めやらぬ宵っ張りです。
種牡馬ガリレオの偉大さを改めて知るも、日本競馬でガリレオ産駒があまり活躍してない現実に疑問。未来の凱旋門賞に向かわせる日本馬の選考にヒントがないかしら?などと稚拙な発想をしつつ今から就寝します。ちなみにガリレオ産駒で私が応援していたユーキャンゴーゴーと言う牝馬は現在地方所属です。

投稿: すかどん | 2016年10月 3日 (月) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの頃のクイーンステークス | トップページ | 【訃報】マキバスナイパー »