« 敗因 | トップページ | ファミリーヒストリー第4章 »

2016年10月 9日 (日)

男まさり

雨上がりの東京競馬場6レースは500万条件のダート1400m戦。水の浮く不良馬場をものともせず、外から2頭が豪快に追い込んでくる。スタンドからはGⅠの如き大歓声が湧き上った。なぜか。大外のラミアカーサを操るのが藤田菜七子騎手なのである。だがペルルクロシュ・柴山雄一騎手も引き下がらない。結局2頭は鼻面を並べてゴールした。

Nanako1

スタンドのざわめきは収まらない。内か? 外か? クビの上げ下げだな、こりゃあ。

ターフビジョンにストップモーション映像が流れると、その喧騒が静まり返る。内ペルルクロシュ、外ラミアカーサ。外がわずかに早くゴールラインを捉えていることが分かると、一転して拍手喝采が湧きあがった。

「実況席からはラミアカーサ優勢、とお伝えします!」

写真判定にも関わらず、場内実況がその優劣に言及するとは珍しい。それもこれも藤田菜七子の為せる業である。

Nanako2

検量に戻ってくるまで勝っているかどうかは分からなかったそうだ。「節目の5勝目です」。そう言って笑う菜七子騎手のその言葉には実感がこもっている。一方で「ずっと勝つことができずに苦しかった」と涙ぐむ場面も。4勝目を挙げてから4か月半。長かったに違いない。

Nanako3

だが、今日の勝利はこれまでとは違う。同じレースには戸崎圭太騎手と武豊騎手が出場していたのである。彼女はこれまで4勝を挙げているが、そのレースに彼らの姿はなかった。この2人を相手に初めて勝った。大きな自信となるに違いない。男どもを相手に颯爽とトップを取る姿は見ていて気持ちの良いもの。競馬場の「女傑」は馬だけを指す言葉とは限らない。

今日はメインの毎日王冠でも紅一点が輝いた。

11r

勝ったのはただ一頭の牝馬ルージュバック。牝馬の優勝はシンコウラブリイ以来23年ぶりだが、そもそも翌週に府中牝馬Sがあるのだから、毎日王冠に牝馬が出走すること自体が少ない。シンコウラブリイが勝った1993年当時、府中牝馬Sに外国産馬の出走は認められていなかった。だから、敢えて牡馬相手の毎日王冠に挑み、しかも勝った牝馬ということで言えば1987年のダイナアクトレス以来ということになる。

ルージュバックはこれが重賞3勝目だが、そのいずれもが牡馬相手。牝馬路線が整備された昨今では珍しい。男相手の方が力が出るタイプなのだろうか。

実はダイナアクトレスもそうだった。通算7勝。5つの重賞タイトルは、すべて牡馬相手に挙げたもの。あの年、毎日王冠を勝った彼女は、天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念と牡馬相の王道路線を走り抜いている。あれから29年を経た今年、果たしてルージュバックの進む道はどこか? 「女傑」とは「男まさり」の意。女同士でトップに立っても、それだけでは「女傑」とは呼べないのである。

 

***** 2016/10/09 *****

 

 

|

« 敗因 | トップページ | ファミリーヒストリー第4章 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敗因 | トップページ | ファミリーヒストリー第4章 »