« きしめんの日 | トップページ | クールビズ縛り »

2016年10月27日 (木)

府中2000の内と外

発表された天皇賞の枠順を見て眼を剥いた。逃げたいエイシンヒカリが1枠1番を引いた一方で、連覇を目指すラブリーデイは大外の試練である。GⅠの中でも、もっとも枠順が注目される一戦とあれば、人気にも少ならず影響を及ぼしそうだ。

しかし、けなげな穴党は重箱の隅をつつく。エイシンヒカリは果たして本当に逃げられるのか? なにせ昨年のこのレース。エプソムカップ、毎日王冠でいずれも逃げ切り勝ちを収めた同馬は、きっとここでもハナを奪うものと期待されていた。それ込みでの2番人気である。ところが、いざゲートが開いてみれば、なんとクラレントの番手にすっぽり収まってしまったではないか。スタンドがどよめいたのも無理はない。しかも超スローペースの恩恵を受けながら10着大敗である。ファンにしてみれば消化不良の敗戦だった。

実は武豊騎手はJRAのGⅠレースでは滅多にハナを主張しない。GⅡやGⅢ、あるいは地方のダートグレードレースでは何度も逃げ切っているのに、JRAのGⅠでの逃げ切り勝ちは意外にも今年の春の天皇賞が初めてだった。ただし、その春天にしても、直線ではいったんカレンミロティックに半馬身ほど交されたところを、ゴール寸前で差し返して勝ったもの。JRAのGⅠレースを70も勝っていながら、スタートから一度も先頭を譲らずに逃げ切った例はないのである。

ただ、あの事故が無ければ、GⅠの逃げ切り勝ちが彼のキャリアに刻まれていたことは間違いない。言うまでもなく、1998年秋の天皇賞。あの時のサイレンススズカも、そういえば1枠1番からのスタートだった。果たして今年のエイシンヒカリはどうか。

Hikari 

東京の芝2000mはスタートして100mほど走っただけで2コーナーを迎えるため、外枠は不利が定説となっている。外枠に先行馬が入った場合、騎手とすれば内側に進路を取らざるを得ない。その距離のロスが不利だというのである。ただし、その場合、もともと内側にいた馬も進路が狭くなったり、前後の馬と接触する可能性もある。しかもコーナーに入ったところでは、急速にペースが落ちるもの。渋滞を引き起こした馬群の中では、内も外も関係なくアクシデントが起きる。

かように東京の2000mでは内枠だって不利を被る可能性は高いのである。いや、場合によっては外にいることで、却って不利を受けずにすむこともあるかもしれない。ただひとつ言えることは、内枠を引いた逃げ馬に枠順上の不利がないこと。とはいっても隣近所に同型の逃げ馬がいれば、多少無理してでも前に行かなければならない。果たして今年のクラレントはどう動くか。

Symbori_2 

「東京の2000mは外枠不利」はファンの間では枯れた格言だが、これは下級条件も含めた話。「総じて」のエクスキューズを忘れてはならない。その証拠に過去10年の秋天のうち、12番枠と14番枠からそれぞれ2頭ずつ計4頭の勝ち馬が出ている。シンボリクリスエスは大外18番枠から連覇を成し遂げた。そも一般レースと古馬最高峰の戦いでは、レースの激しさからして違う。枠順にとらわれることなく、天皇賞馬の名に相応しい、強い一頭を選びたい。

 

***** 2016/10/27 *****

 

 

|

« きしめんの日 | トップページ | クールビズ縛り »

競馬」カテゴリの記事

コメント

好事魔多しの典型でしたねcoldsweats01
調教師も枠順発表後に「枠が良すぎる」と言ってましたが、あれは不安の現れだったのでしょう。

投稿: 店主 | 2016年10月31日 (月) 07時58分

パドックでは、モーリスがとんでもなく良く見えたのに、
私もサイレンススズカと同じ夢を見て
エイシンヒカリに突っ込んでしまいました。。。

投稿: tsuyoshi | 2016年10月31日 (月) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きしめんの日 | トップページ | クールビズ縛り »