« 縁ある馬たち | トップページ | 府中2000の内と外 »

2016年10月26日 (水)

きしめんの日

人形町界隈を歩いていたら、唐突に「きしめん」の4文字が目に飛び込んできた。実は、先週名古屋競馬場に行く予定だったのが、つまらぬ仕事のせいでキャンセルさせられたばかり。きしめんを食べて、せめて“名古屋感”だけでも味わっておきたい。

Suzukiya 

きしめんは単なる平たいうどんだが、国によってちゃんと規格が定められている。幅は4.5mm以上で厚さは2mm未満。これを満たしていなければ「きしめん」と呼ぶことはできない。その呼び名の由来には、江戸時代に紀州藩から贈られた「紀州めん」がなまったという説や、尾張藩主が好んで食べた、キジの肉を入れた「きじめん」が転化したなど様々。ともあれ、江戸時代には現在の形が完成されていたという。

本場名古屋のきしめんは、削り節とたまり醤油で独特の味付けがなされているが、こちらの『寿々木屋』のきしめんは、薄口醤油の透き通ったダシ。できれば本場感を味わいたかったのだが、こればかりは仕方あるまい。トッピングの天ぷらにはむしろこちらの方が合う。うん、美味い。

Kisihimen 

続いてビックカメラに立ち寄るため有楽町へ。

そんでなんとなく交通会館をウロついてたら、地下街の『おかめ』という甘味処に「おでんきしめん」なるメニューを見つけた。なんだ、そりゃ?

Okame1 

他にも「おでん焼きそば」「おでん焼きうどん」なんていうメニューもあるが、これらは単にそれぞれを別皿にしたいわゆるセットメニュー。しかし、注文したおでんきしめんは、ちゃんとおでんときしめんが一杯の丼の中で融合していた。つまり、きしめんの具として、はんぺん、ちくわ、ゴボウ巻きといったおでん種が入っている。いや、ひょっとしたらその逆だろうか。ツユだくのおでんの中に、茹でたきしめんが投入されているのかもしれない。

Okame2 

逆を疑う余地があるということは、特段のキワモノではないということでもある。実際、味は想像の域を出なかった。特筆するほど美味いというわけでもない。ただ「おでんきしめん」という語感にはなんとなく惹かれるものがないか。これが「おでんうどん」や「おでんそば」であれば、メニュー名だけを見て食べよう気には、きっとならないと思う。

ちなみに、今日10月26日は「きしめんの日」なのだそうだ。たまにはきしめんも悪くない。立て続けに2杯も平らげた私としては、しばらく遠慮したいけど(笑)

 

***** 2016/10/26 *****

 

 

|

« 縁ある馬たち | トップページ | 府中2000の内と外 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

大きくて丸いさつま揚げがどーんと入った一杯ですね。
地元の業者が始めて、立川の名物になって、JR東日本系列の店に取って変わった今でも、メニューに残ってるはずです。一時期、府中本町でも出してました。

投稿: 店主 | 2016年11月 1日 (火) 23時57分

そういえば立川駅の立ち食いそば屋に
おでんそば、うどん、ありますよね。

私食べたことありませんが。

投稿: tsuyoshi | 2016年11月 1日 (火) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 縁ある馬たち | トップページ | 府中2000の内と外 »