« 地方競馬初のTV中継 | トップページ | 兄の意地 »

2016年9月27日 (火)

港の食堂と競馬場

南船橋駅を降りて競馬場とは逆の方向、すなわちIKEA方面に歩くこと15分。旧船橋オートレース場の裏手の倉庫街の一角に、ひっそりとこんな看板が掲げられている。

Dsc_4280 

『浜町食堂』は知る人ぞ知るマグロ丼の人気店。とはいえ、もともとはマグロの加工・販売を手掛ける「東水フーズ株式会社」の社員食堂である。このあたりには気軽にお昼を食べられるお店が少ない。そこでこの会社では、社員食堂を外部の人に開放してみた。マグロ専門の会社だから、当然ながらマグロは安くて美味しい。評判は瞬く間に広がり、今では遠方からわざわざ食べに来るお客さんもいるという。

こちらはヅケ丼。600円。安い。

Dsc_4282 

ご飯の量に対してマグロが多いから、普段のペースで食べると、ご飯が足りなく恐れがある。ちなみに酢飯も選択可。一般営業はお昼のみ。食堂の奥は社員さん専用のエリアだから注意しよう。むろん基本的にセルフサービス。会社の社員食堂にお邪魔しているという気持ちは忘れないようにしたい。

食堂を出て少し歩くと、すぐそこは海だ。正式には「千葉港」の一部という扱いだが、地元では「船橋港」の名で通っている。海に近い競馬場は少なくないが、港への近さという点では船橋が随一であろう。お隣の商業施設「ららぽーと」の名も、もちろん「港=Port」にちなんでいる。今や日本中に知られた「ららぽーと」の第一号店は、この「TOKYO-BAY」に他ならない。

Dsc_4286 

そんな港のお隣の船橋競馬場では、その名の通り「ポートサイドスター賞」が行われる。平和賞トライアルだから2歳馬同士の戦い。道中3番手で折り合った1番人気マルヒロナッツオーが、軽く仕掛けられただけで3馬身抜け出す完勝だった。

3r 

マルヒロナッツオーは林正人厩舎所属。例によって山口騎手が調教をつけて、レースでは左海誠二騎手が跨るというパターンでデビューから2戦を戦った。しかし、左海騎手が左手首を骨折したことにより、レースの手綱も山口騎手に任されるようになったという経緯がある。それで2連勝は立派だ。左海騎手は今もリハビリ中。平和賞の騎乗は微妙と聞く。左海騎手の復帰を望まぬわけではないが、できることなら騎手生活13年目の山口騎手にチャンスが巡ってきてほしい。

 

***** 2016/09/27 *****

 

 

|

« 地方競馬初のTV中継 | トップページ | 兄の意地 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地方競馬初のTV中継 | トップページ | 兄の意地 »