« セコマ | トップページ | ハマの番長、引退 »

2016年9月21日 (水)

です・ます

Twitterが、これまでツイートに課していた140文字の文字数制限を緩和し、画像や動画、引用文など特定の付加情報を文字数から除外する仕様変更を実施したと発表した。今日から運用されるという。この措置により、写真や動画、引用ツイートなどに使われる文字列は、今後140文字にカウントされなくなる。狙いがライバルのFacebookに奪われた利用者を取り戻すことにあることは想像に難くない。それだけ世間はツイッターの文字制限に不満を抱いているということか。

私も以前ちょっとだけツイッターをかじっていたことがある。ただし、私にとっては「140文字の制限」そのものが魅力だった。書こうと思ったその瞬間に、リズムの良い文章を、140文字以内でいかにして書けるか―――。一種のゲームでありトレーニングでもある。俳句や短歌の世界にも近い。

ただ、とある馬が現役を引退するらしいという趣旨のことを書いた途端、リツイートの通知が止まらず、ポータルサイトのトレンドにもランクインするに至り、怖くなった私は慌ててアカウントを削除したのである。

これが炎上というものか……coldsweats02

その時はそう感じた。だが、ネット事情に詳しい知人は「そんなもん炎上でもなんでもない」と冷たい。ただ、「それで慌てるようなヤツはツイッターに向いてない」とも言われたので、やめたこと自体は間違っていないのだと思う。以来SNSに関しては、毎夜このブログを細々と投稿する程度に留めてきた。むろん炎上が怖いので、他人の悪口はもちろん引退情報の類についてもいっさい書かないことを旨としている。

しかし、あれは日本ダービーの前日だったか、使い勝手がすこぶる悪いと評判の(これは悪口か?)ココログ・スマホアプリをインストールしてみようと思い立った。きっかけは、旅先にパソコンを持参してまでブログを書くのが面倒になったから。んで、実際にアプリを入れてみると、なるほど確かに使い勝手はよろしくない。でも、せっかく入れたのだからと、旅行中でなくても昼間っからちょいちょい短いところを投稿している。文末に「by SP」というクレジットがあるのは、すべてその類。見る方はそうでもないだろうが、投稿している側の感覚はツイッターに近い。

それで気づいたことがある。その短い文章を投稿をする時は、決まって文章が「です・ます調」になってしまうのである。「間もなくダービーの発走です」とか「浦和競馬場でお饅頭食べてます」という具合。思えばツイッターのときもそうだった。「です・ます調」は情報量が少ない割に字数を食うので、本来なら文字制限のあるツイッターには向かない。でも、いざ投稿すると、ついつい「です・ます調」になってしまうのである。

その一方で毎夜11時に更新するいつものブログの文面は、特に意識することなく自然とこの調子、すなわち「だ・である調」になる。夜が深まると、私の性格がだんだん高圧的になるというわけではない……と思う。あるいは人は短い文を書こうとすると、人はつい丁寧になってしまうのかもしれない。浦和競馬場でポテトフライ串を齧りながら、そんなことを考えたりする。

Urawa 

ツイッターであれブログであれ、今の現状を簡潔に伝えようとするときに「です・ます」になるのは、特定の誰かに話しかけているからではあるまいか。実際にそこに人はいない。でも、知らず知らずのうちに特定の誰かを想定しているのである。それが誰なのかは人それぞれ。私の場合はこのブログの読者のみなさんということになろう。ならば、夜11時の投稿も「です・ます調」にならなきゃおかしいだろ、と言われそうだが、もともとこれは自分のために書きためた備忘録でもあり、文章のトレーニングで始めたといういきさつもある。その意識が働くから、こんな具合に無愛想な文体になるのやもしれぬ。

最近はたまに競馬場に行ってもやることがなくて困っている。そういう意味では競馬場からブログを投稿する機会が増えるかもしれない。昼間の投稿は意味のないものばかりになるだろうが、夜11時の投稿だってそれほど中身があるとは思えない。それでも毎晩休むことなく書き続けてきたという自負はある。実は最近は日々の更新が難しいと感じるようになってきたのだけど、それでも今後ともおつきあいいただければ、筆者としてこれに勝る喜びはない。

 

***** 2016/09/21 *****

 

 

|

« セコマ | トップページ | ハマの番長、引退 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

ヤエノムテキ様

コメントありがとうございます。書くこと自体は苦労もないので、ネタがある限りは続けさせていただきます。
オグリのラストランで私が買った馬券はヤエノムテキでした。彼もあの有馬が引退レースだったんですよねhorse

投稿: 店主 | 2016年9月22日 (木) 07時44分

はじめまして。

いつも寝る前に貴殿のブログを読むのを楽しみにしています。

競馬への造詣の深さ、ファインダー越しでも感じる被写体への愛情、麺類が好きなものにはたまらないうどんローテ、どれをとっても私にとってピカイチのブログです。

毎晩の更新はさぞかし大変だと思いますが、今後も更新を続いていただければこんなに嬉しいことはありません。

投稿: ヤエノムテキ | 2016年9月22日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セコマ | トップページ | ハマの番長、引退 »