« 男と女の戸塚記念 | トップページ | 競馬場の雌鹿 »

2016年9月13日 (火)

競馬場の鰹節

こちらはセイコーマートの「ホットシェフ」で売られている「ベーコンおかかおにぎり」。関東では馴染みがないが、北海道の方はご存じだと思う。美味しいですよね。

Onigiri 

北海道に行けば、ウニよりも、カニよりも、このおにぎりが楽しみで仕方ない私である。なにより、おかかとベーコンを組み合わせたその慧眼と勇気が素晴らしい。たかがおにぎりの具ひとつとはいえ、こうしたところに顧客満足度1位コンビニのポテンシャルが如実に表れている。

小学生の頃、鰹節を削るのが日課だった。若い方には何のことやら分かるまい。毎日、朝と夕方、ラジオを聴きながら台所の椅子に座って鰹節をカンナにかけ続けたのである。

昔はどの家にも鰹節削り用のカンナがあったはずなのだが、その姿を見かけなくなって久しい。カッ、カッ、カッという、あの小気味いい音もあまり聞かなくなった。最近の人は削りたての鰹節が醸し出すなんとも言えない良い香りと、旨味が凝縮したその味を知らぬのだろう。それはそれで気の毒な気がする。

鰹節を削るにはコツがいる。単に刃に向かって滑らせただけではまったく削れない。力を込めて下に押しつけながら滑らせるのだが、これが意外に力を要する。むろん刃を出してやれば簡単なのだが、それでは透けるような薄さにはならない。鰹節はとにかく薄く削らなければ良いダシが取れないのである。

Sobayosi 

 

日本橋の『そばよし』は、一見すると普通の立ち食い蕎麦屋だが、行列の絶えない人気店。その味はNHKのTV番組「ブラタモリ」でも取り上げられ、タモリさんの絶賛を浴びた。種を明かせば、この店の経営母体が鰹節専門問屋なのである。削りたての鰹節が為せる業。それが蕎麦の味を二倍にも三倍にも引き上げてくれる。ただし私はうどん贔屓なので、こちらを注文。うどんはご覧の“ひもかわ”だ。

Himo 

さらに、「おかかご飯」も外せない。サイドメニューでご飯を注文すれば、鰹節を削る工程で生まれる粉鰹がかけ放題になる。醤油の3、4滴垂らしてかき込むご飯のその旨いこと。これだけを注文する価値はあるが、残念ながらご飯だけの注文はご法度。お腹を空かせていこう。

Okaka 

「勝つ」に通じるカツオは古来より縁起の良い魚とされた。戦に勝つ魚として武士に好まれたことから、「勝魚」の当て字も残る。となれば、競馬場での必勝食はおかかのおにぎり以外あり得まい。いや、中京競馬場なら、鰹節たっぷりのきしめんという手もある。他に鰹節が目立つメニューはあっただろうか―――などと、ひもかわを啜りながら、競馬場のメニューに思いを巡らせているのだから、我ながらどうしようもない。

Tsuyu 

そういえば、最近「カツオブシ」という名前の競走馬を見たような気がする。アドマイヤコジーン産駒の牡の2歳馬。未勝利ながらひまわり賞を走って8着に入っていた。それにしてもよく馬名審査通ったな―――と思って調べると、馬名の意味は「鰹節」ではなく「鰹武士」とある。なんじゃそりゃ? 普通「カツオブシ」つったら、鰹節ですよねぇ。まあ、でも次に出てきたら、おかかのおにぎりを食べながら応援することにしよう。

 

***** 2016/09/13 *****

 

 

|

« 男と女の戸塚記念 | トップページ | 競馬場の雌鹿 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

お店の人に「そば? うどん?」と聞かれて、ついいつものように「うどんで」と答えてしまったのですが、こちらのお店は「そば」の方がおいしいと思いますcoldsweats01

投稿: 店主 | 2016年9月14日 (水) 07時59分

店主様
おはようございます。私も何気にそばよしユーザーですが、ひもかわは盲点でした。今日のランチは堀留「スパゲティ ココロ」のネギベーコンペペロンチーノに胃袋が決めてますので、明日はひもかわに挑戦したいと思います。

投稿: すかどん | 2016年9月14日 (水) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男と女の戸塚記念 | トップページ | 競馬場の雌鹿 »