« ストレスにまみれて | トップページ | ミストを浴びながら »

2016年9月 7日 (水)

【頑張れニッポン馬術⑤】馬場(パラ馬術)

「違う! そこから左って言ったでしょ!」

馬場の外から大きな声が飛ぶ。

「左……? ああ、そうやった……」

戸惑う声の主は宮路満英さん。リオパラリンピック障害者馬術(パラ馬術)の馬場馬術に出場が決まり、山梨県の乗馬施設で特訓を重ねる姿をTV画面は映し出していた。7月26日にNHKが放映した「ハートネットTV 2016 リオパラリンピック」のワンシーンだ。

Kingman 

宮路さんは元調教助手。かつて所属していた森秀行厩舎ではスターキングマンを担当し、レガシーワールド、シーキングザパール、シーキングザダイヤにも携わった腕利きだ。だが、2005年7月に脳卒中を発症。右半身が麻痺し、会話もままならない。手探りのまま始まったリハビリの日々。中でも最も大きな効果を得られたのは、やはり馬だった。

まずはポニーの散歩。そしてある日、乗馬の背中に乗ることを決心。そのときの映像を先ほどのTV番組は映し出している。馬の脇に立った宮路さん。しかし次に進めない。「まずカラダから!」。奥様の声が飛ぶ。「ああ」と言って、身体を馬の背中に預けると、なんとか右脚を反対側に回すことができた。

馬とリハビリを重ねるにつれ、さらなる意欲が湧いてきたという。それがパラ馬術の馬場馬術。パラ馬術といえど、演技の正確さと美しさが求められる点は通常の馬術と同じ。だが宮路さんは右手と右足が動かせない。両手を使っても難しい操作を、宮路さんはなんと左手一本でこなしてみせる。左手だけで手綱を操作しながら、同じく左手に持った長手綱で「右ムチ」を入れる技には、TVを見て思わず舌を巻いた。

とはいえ、私自身、パラ馬術を知らなかったわけではない。そのきっかけは常石勝義さんと高嶋活士さんの活躍。いっぱしの競馬ファンなら、この名前を聞いて「アッ」と思うはず。レース中の落馬が原因で脳に重い障害を負ってしまったふたりの元騎手は、4年後の東京パラリンピックを目指して今も練習に明け暮れている。昨年3月の国内大会では、二人揃って優勝の快挙も果たした。リオでの宮路さんの活躍が、二人にとって大きな励みになることは間違いあるまい。

宮路さんがもっとも頭を悩ますのは、脳の機能障害のせいで馬場馬術の経路を覚えるのに苦労すること。冒頭の「違う!」の声の主は、馬術の経路を指示するコマンダーとしてリオに同行する妻の裕美子さんだ。厳しくも温かいその声に、活躍を願わずはいられない。リオパラリンピックは日本時間の明日9月8日に開幕。馬術競技は11日から行われる。注目しよう。

 

***** 2016/09/07 *****

 

 

|

« ストレスにまみれて | トップページ | ミストを浴びながら »

スポーツ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストレスにまみれて | トップページ | ミストを浴びながら »