« 浦和のおじさんと戸崎圭太 | トップページ | ふるさと納税で競馬を見よう »

2016年9月17日 (土)

銀だこ@東京競馬場

中山開催中の東京競馬場は絶賛場外発売中。無料でこのゲートを通れるのも残りあと3週間。もう、夏も終わりですね(遠い目)。

Gate 

東京競馬場では、この中山開催から変わったことがある。フジビュースタンド4F、かつて『むぎんぼう』が出店していた跡地にて、ようやく次のテナントが営業を始めたのだ。

いったい何のお店だろうか。うどん屋さんだといいなぁ。

期待に胸を膨らませて向かったその先にあったのは………。

Gindako 

『築地・銀だこ』でした。なーんだ。

とはいえ、マチカネた新店なので、朝からたこ焼きを頬張ることに。本当はとんぺい焼きを食べたかったのだけど、準備に時間がかかるという。お店のスタッフもまだ競馬場に慣れていない様子。ならば、普通のたこ焼きで良いですよ。こういう時は競馬場に慣れている客の方が合わせるものである。ひょっとしたら長い付き合いになるのかもしれない。

「多幸」に通じるタコは、お正月のおせち料理でもお馴染みの縁起物。競馬場の食べ物としては悪くない。アツアツをひとつ取って口に運ぶ。はふはふ。ああ、熱い。熱いけどウマい。

Tako 

市中の『銀だこ』は、ひと舟8個で550円だが、ここは同じ値段ながら2個少ない。ひとりなら量はそれくらいでちょうど良かろう。でも大井の『銀だこ』は6個で520円―――などと野暮を言ってはいけない。競馬場内の他のお店とのバランスというものもある。

ただ敢えてひとつだけ注意事項を書いておく。現時点でお店にはお冷やの用意がない。「ハイボール酒場」を謳う以上、飲み物は別に注文してくれといことだろうか。むろんそれはそれで構わないのだが、アツアツのたこ焼きで口の中が火事になった際、「お冷やで消火」という技が使えないので注意が必要だ。心配な方は、最寄りの給茶コーナーから冷水を汲んでこよう。

外はカリッと、しかし中はトロッとした独特の味は、銀だこオリジナル「二度焼き」の賜物。なんでも北京ダックの調理法をヒントに編み出した調理法だいうから、ヒントというものはどこに落ちているか分からない。ならば、どこかに明日のセントライト記念のヒントは落ちてないだろうか。追い切りで遅れたディーマジェスティを素直に信じて良いのかなぁ……。

 

***** 2016/09/17 *****

 

 

|

« 浦和のおじさんと戸崎圭太 | トップページ | ふるさと納税で競馬を見よう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

tsuyoshiさま

おはようございます。
地方競馬の多くは退場時に「再入場券」を貰えますが、JRAはいったん退場すると入れません。入場券の買い直しが必要です。でも、「駐車場のクルマに忘れ物したんで…」という理由で一時的な退場&再入場が認められるケースもあると聞きます。
駐車場に忘れたたこ焼きを取りに戻った……というテイならイケるかもしれませんhappy01

投稿: 店主 | 2016年9月18日 (日) 08時55分

どうしても食べたい場合、
府中の伊勢丹前の銀だこに買いに来そうな値段ですねw
まあ、負け込んでいる以外、そんな暇なさそうですけど。


メイン前に退場して事ないので、分かりませんが
指定席みたいに競馬場って入退場自由なんですかね???

投稿: tsuyoshi | 2016年9月18日 (日) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浦和のおじさんと戸崎圭太 | トップページ | ふるさと納税で競馬を見よう »