« 「宮内庁御用達」の謎 | トップページ | 銀だこ@東京競馬場 »

2016年9月16日 (金)

浦和のおじさんと戸崎圭太

昨日の、浦和競馬場から南浦和駅に向かう帰りのバスの車内でのこと。後部座席の方から「やっぱ黙って戸崎の単勝を買っときゃ良かったんだよぉ……」という溜息混じりの声が聞こえてきた。すると、その声に応えるかのように、今度は前の方から「あいつJRAでも毎週(連に)来てんだよ」。「そうか。絶好調だな」。なんて会話が聞こえてくる。

メインのオーバルスプリントは、戸崎圭太騎手のレーザーバレットが鮮やかなまくり差しを決めていた。そのレースが終わった直後のバスだから混んでいる。加えて道路まで混んでいるのか、バスはなかなか駅に到着しない。車内は俄かに総反省会の様相を呈してきた。

浦和のお手本のような競馬だったよなぁ。うんうん。浦和に慣れた戸崎だからアレができるんだゾ。岩田じゃ無理だろ。そうだよなぁ。わかってたんだけどなぁ。しかも5番人気だぜ。戸崎で単勝960円ならおいしいよ。こうなりゃセントライトも戸崎を買うしかねえか―――。

おじさんたちの後悔は南浦和駅に着いても止まらない。こういう空気、嫌いじゃないです(笑)

Tosaki1 

バスの中で誰かが言ってたように、この夏の戸崎騎手は絶好調だ。特に重賞での活躍が目立つ。ラジオNIKKEI賞をゼーヴィントで勝つと、七夕賞1着、ジャパンダートダービー1着、函館2歳S2着、レパードS1着、関屋記念1着、キーンランドC1着、新潟記念2着、紫苑S1着、京成杯オータムハンデ2着、そして昨日のオーバルスプリントも優勝である。たった2か月半で重賞成績(8,3,0,3)は驚異的だ。

Tosaki2 

JRAでは今年139勝を挙げ、2位のルメール騎手に20勝もの大差をつけてリーディング独走中。重賞勝ちも11勝と、昨年の8勝を既に上回っている。今や押しも押されもせぬJRAのトップジョッキー。だが、移籍当初はいろいろなことが思うようにいかず、悩んだこともあったという。しかし、時間をかけてひとつひとつ問題を解決しながら、ようやくここまでたどり着いた。

Tosaki3 

JRAでは騎乗機会重賞9戦連続連対中。何より驚かされるのは、それを全て異なる馬で達成していることだ。このテの記録は同じ馬が何度か顔を出すケースが少なくない。2か月半もあれば、たまたま好調な馬が記録を手助けすることもある。しかし、ここまでのところ馬名の重複はゼロ。つまり連続連対の記録はまだまだ伸びる余地を孕む。

そういう意味で、明後日のセントライト記念は目が離せない。コンビを組むのは、この記録の出発点でもあるゼーヴィント。果たして記録更新はなるのか。「セントライトも戸崎」と言ってたおじさんの馬券が当たりますように。

 

***** 2016/09/16 *****

 

 

|

« 「宮内庁御用達」の謎 | トップページ | 銀だこ@東京競馬場 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「宮内庁御用達」の謎 | トップページ | 銀だこ@東京競馬場 »