« 信濃川と阿賀野川 | トップページ | 【千葉うどん旅③】かまど »

2016年8月19日 (金)

猫カメラマンへの道

今日8月19日は「世界写真デー(World Photography Day)」だという。日本国内では6月1日が「写真の日」とされているが、世界的には今日なんですかね。そんなことを思いつつ横浜をぶらぶらしていたら、こんな写真展が開催されていた。

Nekoten 

ウマばかりではなくたまにはネコも良いですね。作品を見るうち、私も猫カメラマンに肩書を変えたくなってきた。なにせ巷は空前の猫ブーム。「ネコノミクス」なる言葉まで飛び出した。雑誌、CM、映画、スマホゲーム、果てはリオ五輪マラソン競技にまで。いまや世界は猫に溢れている。

競馬界とて例外でない。昨日の大井新馬戦ではネコビーナスが3着と好走した。明日の新潟ではネコエルフが、明後日の新潟ではネコドリームがそれぞれ出走を予定。現時点で馬名に「ネコ」のつく現役競走馬は27頭を数える。ネコパンチの活躍も、まだ記憶に新しい。

Punch 

岩合光昭氏は言うまでもなく日本を代表する動物写真家。最近ではNHKの『岩合光昭の世界ネコ歩き』でも知られるようになった。そのターゲットは、猫、犬、ペンギン、ホッキョクグマ、クジラ、パンダ、カンガルーと多岐に渡るが、サラブレッドを被写体に選んだこともある。それがあのハルウララ。その取材を振り返り、「なかなか自由に撮らせてもらえない」とこぼしていたそうだが、それは競走馬の撮影行為が、馬相手ではなく、実は人間相手の仕事であるゆえの不都合を嘆いたのであろう。むろん我々はそれを日々痛感している。馬には馬なりの難しさがあることは言うまでもない。

Cat 

たっぷり猫を見て目の方は満腹になったので、今度は胃袋を満腹にすべく駅近辺を歩いていたら、こんなうどん屋さんが目に入ってきた。

Udon1 

「手打ち」の3文字に惹かれてふらふらと入店。冷たい肉うどんの大盛りを注文すると、わずか1分ほどで洗面器の如き巨大な器に盛られた一杯が到着した。

Udon2 

2玉以上はあろうかという麺に、濃い目のツユ。その上にスライスした豚肉が丁寧に乗せてある。うどんは太く柔らかい。ずるずる啜ってもぐもぐ食べるタイプ。良くも悪くも関東のうどんだが、これはこれで美味いですよ。喉越しだけがうどんではない。ただ、大盛りはなかなかの分量がある。私でさえラストは脚が上がりそうになった。オーダー時には注意が必要だ。

店を出ると、道端に猫を発見。慌ててスマホを向けたら、サッと逃げられてしまった。猫カメラマンへの道のりは険しい。

 

***** 2016/08/19 *****

 

 

|

« 信濃川と阿賀野川 | トップページ | 【千葉うどん旅③】かまど »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

台風ですしねtyphoon

投稿: 店主 | 2016年8月23日 (火) 08時38分

ほぉーー、猫好きの友人に紹介しておきました。

明日までかー。

投稿: tsuyoshi | 2016年8月21日 (日) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信濃川と阿賀野川 | トップページ | 【千葉うどん旅③】かまど »