« 朱鷺色 | トップページ | がんばれ九州産馬 »

2016年8月27日 (土)

馬のいない競馬場

開門前の東京競馬場前正門。場外でありながら、開門前から大勢が並んでいるので驚いた。馬のいない競馬場では、ゴール前の席やパドックの最前列を争う必要などなさそうなもの。むろん、今日は花火大会の予定もない。

Dsc_4160 

しかも、みなさん開門ダッシュ。朝から気合入ってますな。

Dsc_4163 

競馬場では「自分の場所」を決めている人がいる。開催日であれ非開催日であれ同じ場所という人もいれば、開催の有無で場所を変えている人も。長い時間を快適に過ごそうと思えば、場所の確保は軽視できないということか。

東京競馬場の上空は黒い雲に覆われていて、今にも雨が落ちてきそうな気配。暑さはそれほどでもないが、とにかく蒸している。屋外に座るのは多少勇気がいる。

Dsc_4172 

最近の私は開催の有無に関わらず居場所を決めていない。とくに馬のいない場外の競馬場ではどこにいても同じこと。ただウロウロ彷徨い歩く。

Dsc_4169 

歩き回るうちふと思い出した。そういえばこの夏は冷やし中華を食べてない。「明日から」という貼り紙に騙されたことは、以前にも書いた。以来、だらだらと月日は流れ、気づけば間もなく8月も終わり。暑さも下り坂に差し掛かっている。このまま「冷やし中華終わりました」の貼り紙を見るのは切ない。そんな貼り紙があるのかどうかは知らないけど。

Dsc_3857 

とにかく冷やし中華を食べよう。それで3軒のラーメン店が軒を並べるファストフードコート(イースト)に向かうと、『翠松楼』と『北斗』は休業中。『どみそ』には冷やし中華らしきメニューを見つけることができなかった。残念。ただちに踵を返してスタンド西端の『西海』へ。すると、こんなメニューが掲げられているではないか。やった!

Dsc_4170 

―――と喜んだはいいものの、よくよく見るとちょっと私のイメージとは異なる。「冷やしメニュー始めました」と書かれてはいるが、「冷やし中華始めました」とは書いてない。これを食べたところで、冷やし中華を食べたと胸を張れるかどうか。微妙なところ。馬もいないし、冷やし中華にもありつけない。うなだれて帰ろうとしたその時、一頭の芦毛馬が目に飛び込んできた。

Dsc_4167 

ダコタ君は元・誘導馬。1971年の日本ダービーで1番人気を背負いながら馬群に沈んだ、あのダコタではない。むろん別馬。実際のレースで出走馬たちを誘導中に、なんと背中の職員を振り落したという伝説の持ち主である。すでに引退したと聞いていたが、それでもこうしてお仕事に励んでいるのだと思えば、冷やし中華ごときでくよくよする自分が恥ずかしい。それにしても、やはり競馬場には馬が似合う。

 

***** 2016/08/27 *****

 

 

|

« 朱鷺色 | トップページ | がんばれ九州産馬 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朱鷺色 | トップページ | がんばれ九州産馬 »